飛騨東照宮

飛騨東照宮

岐阜県高山市西之一色町3丁目1004

元和5年(1619年)、飛騨高山藩の藩主である金森重頼が、高山城の城内に祀ってあった徳川家康公を現在地に遷座したのが創建である。

神仏習合の影響により、東照宮には薬師如来が祀られるようになり、松泰寺とも呼ばれるようになる。

文化15年(1818年)、境内に金龍神社(祭神:金森長近)が造られる。

明治初期の神仏分離により東照宮に改称し、大正12年(1923年)郷社に列した。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E9%A8%A8%E6%9D%B1%E7%85%A7%E5%AE%AE



飛騨東照宮

飛騨東照宮

飛騨東照宮 (2)
飛騨東照宮 (4)

飛騨東照宮 (9)

飛騨東照宮 (15)

社務所、留守でしたがお電話したら対応いただけました。お忙しいところありがとうございました。