飛騨総社

飛騨総社

岐阜県高山市神田町2-114

平安時代の承平年間(931年~938年)の創建と伝えられる。1191年(文治2年)に最初の社殿が築かれる。しかし、室町時代になると衰退する。

江戸時代の寛永年間に金森重頼により社殿の大改修が行われたが、1781年(天明元年)の天明の大飢饉の頃から再び衰退し、境内も縮小される。

国学者である田中大秀(本居宣長門弟)は、その様子を嘆き、1808年(文化3年)に「飛騨総社考」を著して再興を願う。これをきっかけに1820年(文政3年)に再建され、境内も拡大する。

1887年(明治20年)より1890年にかけて大造営が行なわれ、南向きだった社殿を東向きにし、参道が整備される。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E9%A8%A8%E7%B7%8F%E7%A4%BE



飛騨総社

飛騨総社

飛騨総社 (2)

飛騨総社 (3)

飛騨総社 (4)

飛騨総社 (6)

この辺、酷暑の中の自転車移動に限界を感じてきました。巫女さんかわいい。