射水神社

射水神社

富山県高岡市古城1-1

社伝によれば、養老年間(714~723)、僧行基が二上山麓に建てた養老寺に、二上権現と称して祀ったのが二上神の鎮座といわれ、当時の領域は二上全山の22万坪余りにも達しました。その後、承平(931~938)、天正(1573~1592)の二度にわたる兵火で焼失しますが、慶長十五年(1610)、加賀藩主・前田利家公により復興。明治四年(1871)には、越中国で最も格式高い「国幣中社」に列せられます。同八年、高岡城本丸跡の現在地に遷座され、同三十三年六月、高岡大火の折に類焼しましたが、同三十五年復興しました。遷座よりすでに百三十年以上がたち、名神大社の格式を今も守り続けています。

以上、射水神社ホームページより。 http://www.imizujinjya.or.jp/intro/index.html#unit



射水神社


越中国一の宮、射水神社の御朱印です。

射水

射水 (2)

射水 (4)

全国一の宮朱印帳を持った参拝者を発見。同志か。。