気多神社

気多神社

富山県高岡市伏木一宮1-10-1

気多神社(けた じんじゃ)は、養老2年(718年)に僧行基が創建したと伝えられています。また天平年間(757~764年)に越中一ノ宮として能登一丿宮の気多大社から勧請したとも言われています。なお、富山県内には気多神社を含めて「越中一ノ宮」を称している神社が4ヶ所(雄山神社・気多神社・射水神社・高瀬神社)あります。
天文年間(1532~1554年)に上杉謙信の兵火にかかり焼失したため、永禄年間(1558~1569年)頃に再建したのが現在に残る本殿と云われています。構造は、三間社流造りで正面一間の向拝があり、屋根は柿板葺きで軒は二重繁垂木です。斗キョウは和様の三つ斗で、棟下の両側面柱の上は舟肘木を用いています。向拝斗キョウは同じ三つ斗で、正面虹梁上には蟇股(かえるまた)があります。向拝柱および前面第一列の方柱を用い、他の柱は全て円柱となっています。
正面三面および両側面は吹き通しで、意匠は簡易なつくりですが木割が大きく全体に雄大な風格の本殿で室町時代の特徴を見ることが出来ます。

この参道の階段を上った正面が拝殿で、その後方に本殿(国指定重要文化財)があります。本殿の近くまでは行けませんが、拝殿の左手に回り込めば比較的よく見えます。階段上部左側の大きな杉の木は気多神社の御神木です。

以上、気多神社ホームページより。  http://ketaweb.com/about



気多神社
越中国一の宮です。御朱印は書置きをいただきました。

気多神社 (6)
糸魚川から暑さで朦朧としつつ電車で富山に。途中親不知子不知とか通過した気がする。

東横インにチェックインし、大学の後輩を呼びつけて総曲輪へ飲みに行く。

飲み屋の姉ちゃんに「俺ら富山中部高校出身なんだ~」とウソの自己紹介をして

「え~すごい頭い~」と言われて楽しむ。

気多神社
そして翌日、後輩にマークXを出させて神社巡り。どうもご迷惑かけます。

気多神社 (5)

気多神社 (4)
書置きの御朱印をいただき、次の神社へ。

富山は一宮が多くて公共交通機関では回りきれないですね。