焼火神社

焼火神社

島根県隠岐郡西ノ島町美田1294

焼火神社(たくひじんじゃ、たくび-)は、島根県隠岐郡西ノ島町にある神社である。島前の西ノ島における最高峰、焼火山の8合目辺りに鎮座する旧県社。航海安全の守護神として遠く三陸海岸まで信仰を集めた。本殿・通殿・拝殿からなる社殿は国の重要文化財に指定。重要有形民俗文化財の和船トモドも所有する。

社名​

明治以前は焼火山雲上寺(たくひさんうんじょうじ)と号し、焼火社、焚火社、離火社(いずれも「たくひ(び)のやしろ」、または「たくひ(び)しゃ」と訓む)とも称されたが、明治初頭の神仏判然令を受けて現社名に改めた。

祭神​

大日孁貴尊(おおひるめむちのみこと)を祀る。なお、大日孁貴尊は天照大神の別称である。

焼火山は古く「大山(おおやま)」と称され、元来は山自体を神体として北麓の大山神社において祭祀が執行されたと見られているが、後世修験道が盛行するに及ぶとその霊場とされて地蔵尊を祀り、これを焼火山大権現と号した。やがて祭神を大日孁貴尊とする伝えも起こって、元禄16年(1703年)には「焼火山大権現宮(中略)伊勢太神宮同躰ナリ、天照大日孁貴、離火社神霊是ナリ、手力雄命左陽、万幡姫命右陰」(『島前村々神名記』)と伊勢の皇大神宮(内宮)と同じ神社で、伊勢神宮同様3座を同殿に祀ると説くようにもなり、明治初頭に大日孁貴尊のみを祀る現在の形となった。

歴史​

「焼火山縁起」によれば、一条天皇の時代(10、11世紀の交)、海中に生じた光が数夜にわたって輝き、その後のある晩、焼火山に飛び入ったのを村人が跡を尋ねて登ると薩埵(仏像)の形状をした岩があったので、そこに社殿を造営して崇めるようになったと伝えている。また、承久年中(1219 - 22年)のこととして、隠岐に配流された後鳥羽上皇が漁猟のための御幸を行った際に暴風に襲われ、御製歌を詠んで祈念したところ波風は収まったが、今度は暗夜となって方向を見失ったために更に祈念を凝らすと、海中から神火が現れて雲の上に輝き、その導きで焼火山西麓の波止(はし)の港に無事着岸、感激した上皇が「灘ならば藻塩焼くやと思うべし、何を焼く藻の煙なるらん」と詠じたところ、出迎えた一人の翁が、「藻塩焼くや」と詠んだ直後に重ねて「何を焼く藻の」と来るのはおかしく、「何を焼(た)く火の」に改めた方が良いと指摘、驚いた上皇が名を問うと、この地に久しく住む者であるが、今後は海船を守護しましょうと答えて姿を消したので、上皇が祠を建てて神として祀るとともに空海が刻むところの薬師如来像を安置して、それ以来山を「焼火山」、寺を「雲上寺」と称するようになったという。

上述したように、元来焼火山は北麓に鎮座する大山神社の神体山として容易に登攀を許さない信仰の対象であったと思われるが、山陰地方における日本海水運が本格的な展開を見せる平安時代後期(11 - 12世紀頃)には、航海安全の神として崇敬を集めるようになったと見られ、その契機は、西ノ島、中ノ島、知夫里島の島前3島に抱かれる内海が風待ちなど停泊を目的とした港として好まれ、焼火山がそこへの目印となったためにこれを信仰上の霊山と仰ぐようになったものであり、殊に近代的な灯台の設置を見るまでは寺社において神仏に捧げられた灯明が夜間航海の目標とされる場合が大半を占めたと思われることを考えると、焼火山に焚かれた篝火が夜間の標識として航海者の救いとなったことが大きな要因ではないかと推定され、この推定に大過なければ、『縁起』に見える後鳥羽上皇の神火による教導も船乗りたちの心理に基づいて採用されたとみることもできるという 。 また、『栄花物語』では永承6年(1051年)5月5日の殿上の歌合において、源経俊が「下もゆる歎きをだにも知らせばや 焼火神(たくひのかみ)のしるしばかりに」と詠んでおり(巻第36「根あはせ」)、谷川士清はこれを当神社のことと解しているが(『和訓栞』)、それが正しければ既に中央においても著名な神社であったことになる。

後世修験者によって修験道の霊場とされると、地蔵菩薩を本尊とする焼火山雲上寺(真言宗であるが本山を持たない独立の寺院であった)が創建され、宗教活動が本格化していく。その時期は南北朝時代と推測され、本来の祭祀の主体であった大山神社が、周辺一帯に設定されていた美多庄の荘園支配に組み込まれた結果、独自の宗教活動が制限されるようになったためであろうとされる。以後明治に至るまで、雲上寺として地蔵菩薩を祀る一方、「焼火山大権現」を社号とする宮寺一体の形態(神社と寺院が一体の形態)で活動することになり、日本海水運の飛躍的な発展とともに広く信仰を集めることとなる。その画期となったのは天文9年(1540年)の僧良源による造営のための勧進活動であると推測され、現地では永禄6年(1563年)9月に隠岐幸清から田地2反が寄進されたのを始め、各所から田畠が寄進されており(社蔵文書)、近世に入ると社領10石を有していたことが確認できる。また注目されるのは西廻り航路の活況とそこに就航する北前船の盛行により、日本海岸の港はもとより遠く三陸海岸は牡鹿半島まで神徳が喧伝されたことで、歌川広重(初代・2代)や葛飾北斎により日本各地の名所を描く際の画題ともされており(初代広重『六十余州名所図会』、北斎『北斎漫画』第7編(「諸国名所絵」)など)、こうした信仰上の展開も、上述した港の目印としての山、もしくは夜間航海における標識としての灯明に起因するものと考えられる。なおこの他に、幕府巡見使の差遣に際しては雲上寺への参拝が恒例であり、総勢約200人、多い時には400人を超える一行を迎える雲上寺においては、島前の各寺々の僧を集めてその饗応にあたっており、これには焼火信仰の普及と雲上寺の経営手腕が大きく作用していたと考えられている。

明治の神仏判然令で形態を神社に改め、近代社格制度においては長らく無格社とされたが、大正7年(1918年)に県社に列した。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%BC%E7%81%AB%E7%A5%9E%E7%A4%BE



焼火神社御朱印

御朱印は別府港にある西ノ島町観光協会でいただけます。

観光協会に御朱印も掲示されているのでわかりやすいと思います。

吉野家

金曜日に有給休暇を取得し、隠岐に行きます。

今回は、2年前に行きそびれた焼火神社と隠岐神社への参拝です。

まずは吉野家で朝食。牛丼美味いわ。

隠岐パンフ

時刻表と神社マップを入手。

隠岐地図


マップを見たところ、神社もいっぱいありますね。隠岐は結構人住んでますからね。

行きのフェリーくにが

朝9時半発のフェリーくにがで12時5分に西ノ島町到着。

2年前に一之宮巡りで一度来たんですが、時間の関係で焼火神社参拝はあきらめたんですよね(黒木神社の記事参照)。

「焼火神社も隠岐神社もあるんでまた来てくださいね」とタクシーの運転手さんに言われたのを思い出します。

まさか島根に転居することになるとは当時は思ってもみなかったな。おかげで隠岐再訪できたけど。

コンセーユ

ひとまず昼食にします。

コンセーユさんに来ました。

サザエカレー (1)

サザエカレーを食べます。美味しい。

サザエカレー (2)

ツアーの団体客もいて、結構流行ってました。

観光客も少しずつ戻ってきてるようですね。

焼火神社 (1)

焼火神社へのルートは看板もあるのでわかりやすいと思います。

案内に従い進みます。

歩いて来れる距離ではないので、タクシーで来るか、レンタカーを借りましょう。私はPCXで来ましたけど。

焼火神社 (2)

こんな感じの脇道に入るので、車で進めるのか不安になりますが大丈夫です。

焼火神社 (3)

うっそうとした道を進む。

焼火神社 (37)

自然に還りかけてる感あるけど通れます。

林道だからこんなもんですかね。

焼火神社 (4)

開けた場所に出た。

車を停めるスペースもありますので、こちらに駐車して歩きましょう。

焼火神社 (6)

焼火神社 (7)

案内図

春から秋はマムシが出るので足元に気を付けましょう。

焼火神社 (8)

石段はセメントできれいにされているので上りやすいですね。

焼火神社 (9)

展望スペースから景色を眺める。

焼火神社 (10)

摂社

焼火神社 (11)

厳かな雰囲気

焼火神社 (12)

石段は続く

天気がいいから暑いな

焼火神社 (14)

野鳥がいっぱいいるようです

私が視認できたのはトンビぐらいでしたが

焼火神社 (15)

鳥居に着いた

焼火神社 (16)

もうすぐですね

焼火神社 (17)

狛犬

焼火神社 (18)

狛犬

焼火神社 (19)

参道を進む

焼火神社 (20)

摂社があるので参拝

焼火神社 (21)

マムシに注意しながら登る

焼火神社 (22)

自然に還りかけてる感ある

焼火神社 (23)

いい雰囲気ですね

焼火神社 (24)

さらに進むと立派な石垣が

社務所があるようですね

焼火神社 (25)

いい眺め

焼火神社 (36)

社務所

焼火神社 (26)

社務所の横を抜けると本殿が

焼火神社 (27)

手水舎

焼火神社 (28)

焼火神社 (29)

立派な大木

焼火神社 (30)

焼火神社 (31)

立派な神社でした

登った甲斐がありました

国賀海岸 (1)

焼火神社参拝後、国賀海岸へ

国賀海岸 (7)

なにかいるぞ

国賀海岸 (6)

馬や!

国賀海岸 (10)

牛馬が放牧されてますね

国賀海岸 (12)

見晴らしがよくて、PCXで走ると快適ですね

摩天崖へ向かいます

摩天崖牛 (1)

普通に牛が道を歩いてるな

国賀海岸 (17)

着いた

国賀海岸 (14)

一生に一度は訪ねてみたい百カ所

どんなもんでしょうか

国賀海岸 (18)

おおー!

国賀海岸 (20)

絶景ですな

国賀海岸 (22)

先のほうまで進んでみましょう

国賀海岸 (24)

休憩スペースの真横に牛

国賀海岸 (26)

仔馬

国賀海岸 (28)

ここが摩天崖か

国賀海岸 (30)

きれいな海

国賀海岸 (32)

国賀浜の方を眺める

国賀海岸 (34)

ひたすら歩けば浜まで出られるようですが、めっちゃ時間かかりそうやな

二台の車で来て、歩いて下まで行った人を回収する感じで行くといいようです(地元の人談)

国賀海岸 (36)

国賀浜へ行くために戻ろう

国賀海岸 (38)

暖かい時期に再訪したいですね

国賀海岸 (40)

浜に来ました

ローソク岩

国賀海岸 (42)

下まで降りられるっぽいけど時間がないのでやめる

国賀海岸 (43)

ちょっと風強いな

国賀海岸 (45)

赤尾展望台から見るといい感じで見えます

国賀海岸 (49)

晴れた日にツーリングするには西ノ島はいいかもしれないですね

フェリーどうぜん (1)

内航船フェリーどうぜんで中之島へ

どうぜんは車やバイクも載せられるのだ

あとど (1)

今日の宿はB&Bあとど

中は改装されているのかきれいなビジホみたいでした

味蔵 (1)

一休みしたあと、晩御飯を食べに外出

海士町で夜やってる店は5件くらいしかないので注意

味蔵さんに来ました

味蔵 (2)

カウンターが一席だけ空いてた

ビールを飲む

右隣の海鮮丼食べてる女性二人は観光客っぽい

味蔵 (3)

たこから揚げ

味蔵 (4)

砂ずり

味蔵 (5)

レモンサワーぐびぐび

味蔵 (6)

お刺身

地元民と工事で単身赴任できてる兄さんに挟まれてアウェイ感

味蔵 (7)

鯛茶漬け

もう飲まなくていいかなと思ったけどバイトの女の子が「何か飲まれますか?」言うてきたので焼酎お替りする

声かけのタイミングが的確ですね、優秀ですな

こんな感じで初日は終了。無事に海士町入りできてよかったよかった