天津神社

天津神社

新潟県糸魚川市一の宮1-3-34

景行天皇の時代の創建と伝えられ、孝徳天皇の勅願所であったと伝えられている。旧糸魚川町のうち、一の宮・押上・寺町・大町・七間町等の産土神として崇敬された、慶長16年(1611年)、江戸幕府から黒印地百石を寄進され、翌年朱印地に改められた。大正7年(1918年)に郷社に列し、後に県社に昇格した。

『延喜式神名帳』には式内社として「越後国頸城郡 大神社(おほむは-)」が記載されているが、その論社に比定されている。また、境内社の奴奈川神社(ぬなかわ-)も式内社論社である。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%B4%A5%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E7%B3%B8%E9%AD%9A%E5%B7%9D%E5%B8%82)



天津神社

越後国一宮の一つです。

天津鳥居

天津本殿

天津本殿斜め

この後、北陸本線で富山へ。8月の日差しの下、キャリーバッグを引いて回ったのが災いし、頭痛が。。