木山寺

木山寺

岡山県真庭市木山1212番地

木山寺(きやまじ)は岡山県真庭市木山[1]に所在する高野山真言宗別格本山の寺。山号は医王山。詳しくは医王山 感神院 木山寺と号する。本尊は薬師瑠璃光如来。中国三十三観音霊場第四番札所、山陽花の寺二十四か寺第十番札所、高野山真言宗美作八十八箇所霊場第三十四番札所、百八観音霊場第六番札所。

御詠歌
世の人の 悩みも晴れる 醫王山(いおうやま) 観世(かんぜ)の慈悲をしたい 木山寺(きやまじ)
概要
伝承によれば、平安時代前期の弘仁6年(815年)に弘法大師が開いたとされる。弘法大師がこの地を訪れた際に、木こりの老人に導かれ寺院を建立するのに相応しい地であると告げられた。この老人は薬師瑠璃光如来の化身であったという。そこで弘法大師はこの地に寺院を建立したと伝えられている。仁寿年間(851年 - 854年)には文徳天皇の祈願所として勅願寺となった。

この寺院は鎮守神として木山牛頭天王と善覚稲荷大明神を祀っている。木山牛頭天王は薬師瑠璃光如来、善覚稲荷大明神は十一面観音の垂迹神となっている。現在の寺院には珍しく鳥居があり、本堂と鎮守殿に分かれており神社建築の様式となっている。神仏習合の形態を今に残す寺院である。

室町時代中期の応永18年(1411年)赤松義則が一山を寺領として寄進した。その後、尼子氏、毛利氏、宇喜多氏などの戦国大名や、江戸時代になると森氏、三浦氏など周辺の藩主の崇敬を集めた。

江戸時代までは木山宮と呼ばれていたが、明治時代の神仏分離令により木山寺と木山神社に分離され現在に至っている。なお、木山神社の本殿は木山宮の山麓に鎮座しているが、奥宮は木山寺に隣接している。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E5%B1%B1%E5%AF%BA



木山寺御朱印

木山寺 (1)

木山神社で木山寺も参拝することを勧められたので木山寺へ。

マツダのナビはわけわからんルートを検索するのですごく時間かかるみたいに出ましたが看板に従うとすぐ着きました。

駐車場で下車。

木山寺 (3)

弁才天

木山寺 (2)

カエルがいっぱいいました。

木山寺 (4)

お寺だけど鳥居があります。

神仏習合ですね。木山神社とセットなので参拝しに来て正解の様子。

木山寺 (5)

真言宗なんですね。

木山寺 (6)

木山寺 (7)

木山寺 (14)

由緒

木山寺 (8)

お大師さん

木山寺 (16)

木山寺 (17)


木山寺 (9)

木山寺 (12)

鐘楼堂

木山寺 (10)

立派な鳥居

木山寺 (11)

木山寺 (13)

中国観音の巡礼帖をいただこうと思いましたが、綴り込みタイプのものは在庫を切らしていたようでした。

四番札所ですし購入希望者そんなにいないから在庫を置いていないようですね。御朱印だけいただきました。

木山寺 (18)

参拝後、気になる看板を見つける。

木山寺 (19)

牧場&ひみつきち

木山寺 (20)

動物はいませんでした。たまたま留守なのかな?

木山寺 (21)

アスレチックみたいなのがありました。

公園みたいなものなんですかね。動物がいなかったのは残念。

この後無事徳島に帰りつきました。意外と道混んでないから運転楽やな。