太龍寺

太龍寺

徳島県阿南市加茂町龍山2

太龍寺(たいりゅうじ)は、徳島県阿南市加茂町にある高野山真言宗の寺院。山号は舎心山(しゃしんざん)、院号は常住院(じょうじゅういん)と号する。四国八十八箇所霊場の第21番札所。阿波秩父観音霊場の第10番札所。本尊は虚空蔵菩薩。

概況

大師堂への参道
太竜寺山弥山(標高600.1 m)[2]の山頂近くに位置し、本堂は標高505 m付近で八十八箇所で6番目の高さにあり、大師堂は、御廟の橋、拝殿、御廟が並び高野山奥の院と同じ配列になっていて、その大伽藍は西の高野と称され、阿南室戸歴史文化道の指定、とくしま88景の選定を受けている。阿波では「一に焼山、二にお鶴、三に太龍」と称され、へんろころがしと呼ばれる難所の一つである。

歴史
空海(弘法大師)の24歳での著作である三教指帰(さんごうしいき)の序文に「阿國大瀧嶽に…勤念す」と記されており、大瀧嶽は現在の大竜寺山であると考えられている。19歳で都の大学での学問に見切りをつけて修行に入った空海が、現在の境内の600 mほど西にある舎心嶽の岩上で百日間の虚空蔵求聞持法を修したとされる。山号はその舎心嶽から、寺名は修行中の空海を守護した大龍(龍神)にちなんでいる。

延暦12年(793年)に桓武天皇の勅願によって阿波の国司・藤原文山が伽藍を建立、堂塔が建立され、空海が虚空蔵菩薩像などを刻み安置したと伝えられている。

天長2年(825年)淳和天皇が寺領を寄進、嘉保2年(1095年)には白河上皇の命により東寺の長範が再興した。皇室や武家からの信仰が篤く寺勢は栄えたが、天正年間(1573年 - 1592年)に長宗我部元親の兵火によって焼失し衰退、その後も復興と荒廃を繰り返すが徳島藩主蜂須賀家の保護によって再建される。

戦後は山中の山寺ゆえに困窮の時代を迎え、龍の窟[3]を失い、さらに昭和34年(1959年)には三重塔[4]を失ったが、1992年に太龍寺ロープウェイ[5] が運行するようになり車利用者でも約30分坂道を歩かないと行きつけない難所であったが容易に参拝できるようになり、遍路ブームの到来もあって隆盛時を迎えた。

2011年7月の台風6号により、樹齢400年に及ぶスギの先端およそ15 mが折れて、本堂の屋根を突き破ったが数年後に復旧した[6]。また、大師堂もその後の台風で損傷していたが2018年には復旧している。

以上ウィキペディアより。  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%BE%8D%E5%AF%BA



太龍寺

s-太龍寺 (1)

四連休ですね。GoToキャンペーンしてるので県外に行きたいところですが調整がつかなかったので地元を散策します。

太龍寺ロープウェイに来ました。駐車場めっちゃ広いな。

s-太龍寺 (6)

往復2,600円。

s-太龍寺 (7)

乗り込む。マスク着用を義務付けられて暑い。

s-太龍寺 (8)

昇っていく。

ロープウェイ (1)

那賀川が流れている。

ロープウェイ (2)

オオカミ像。

明治時代まではニホンオオカミがこの山には住んでいたそうです。

いなくなってしまったと思うと寂しいですね。

s-太龍寺 (15)

お大師様の像。

ガイドの人いわく、像があるところまで15分ぐらいで歩けるとのこと。

本当か?まあまあ遠く見えるぞ。

s-太龍寺 (16)

到着。

ロープウェイができるまではここまで歩いて来ていたのか。歩き遍路つらすぎるやろ。

s-太龍寺 (17)

こっちに行くとさっきのお大師様像のとこまで行けるらしい。

熱中症になりそうなので遠慮しておきました。

s-太龍寺 (18)

手水舎

s-太龍寺 (33)

「西の高野」

s-太龍寺 (35)

龍天井の看板が

s-太龍寺 (34)

天井の龍が

s-太龍寺 (26)

s-太龍寺 (27)

s-太龍寺 (28)

s-太龍寺 (29)

s-太龍寺 (31)

s-太龍寺 (30)

大師堂

s-太龍寺 (25)

s-太龍寺 (24)

s-太龍寺 (23)

s-太龍寺 (20)

s-太龍寺 (22)

石段でめっちゃ息切れしたわ。山はつらいわ。

まつりか (2)

参拝後のランチは茉莉花へ。

基本平日しか開いてないんですけど、今日は営業してるとインスタで見たので。

まつりか (1)

柚子胡椒らーめんを注文。

美味い。めったに来られないから貴重ですね。