尾張大国霊神社

尾張大国霊神社

愛知県稲沢市国府宮1-1-1

尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)は、愛知県稲沢市国府宮にある神社。近くに尾張国の国衙(国府)があったことから、一般には国府宮神社(こうのみやじんじゃ)、国府宮(こうのみや)と呼ばれる。最寄りの名鉄電車の駅は神社の通称にちなむ「国府宮駅」となっている。

毎年旧暦1月13日に執り行われる儺追(なおい)神事、通称「国府宮はだか祭り」、「はだか祭り」で有名である。

「はだか祭り」は、くじによって選出された、「神男」(しんおとこ)に触れると厄が落とされるという言い伝えが今なお残る。

由緒
祭神の尾張大国霊神は、尾張人の祖先が当地を開拓する中で、自分達を養う土地の霊力を神と崇めたものとされる。開拓の神ということで、大国主命とする説もある。

神社は尾張国府の創始とともに創建されたもので、尾張国の総社とされた。境内別宮の大御霊神社(大歳神之御子。大年神の御子神の大国御魂神のこと)・宗形神社(田心姫命)とともに国府宮三社と称する。『延喜式』では小社に列する。昭和15年(1940年)に国幣小社に列格し、戦後は別表神社となった。

本社の建築様式は本殿、渡殿、祭文殿、廻廊、拝殿、楼門と並ぶもので「尾張式・尾張造」と称される。また、本殿に接する位置には自然石を5個円形に並べた「磐境(いわくら)」があり、社殿建立以前の原始的な祭祀様式を物語るものとして神聖視されている。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E5%BC%B5%E5%A4%A7%E5%9B%BD%E9%9C%8A%E7%A5%9E%E7%A4%BE



国府宮

国府宮 (1)

大神神社から名古屋に戻る途中で国府宮に立ち寄ります。

国府宮 (2)

道中に摂社。

国府宮 (3)

男くさい祭りが有名な様子。

国府宮 (6)

駅から少し歩くと到着。

国府宮 (4)

でっかい鳥居。

国府宮 (7)

屋台も出てますね。

国府宮 (8)

結構参拝客多い。

国府宮 (9)

手水舎

国府宮 (10)

国府宮 (11)

参拝客も多くてにぎわっていましたわ。愛知県流石ですわ。