鎮西大社諏訪神社

鎮西大社諏訪神社

長崎県長崎市上西山町18-15

弘治年間より長崎に祀られていた諏訪神社・森崎神社・住吉神社の三社が起源である。弘治元年(1555年)に、長崎織部亮為英が京都の諏訪神社の分霊を、現在の風頭山の麓に奉祀したのが始まりという説と、東松浦郡浜玉町の諏訪神社を勧請した説がある。戦国時代に当地はキリスト教徒の支配地となり、当社を含めて領地内の社寺は全て破壊された。江戸時代に入った後の寛永2年(1625年)、長崎奉行・長谷川権六や長崎代官・末次平蔵の支援により松浦一族で唐津の修験者であった初代宮司青木賢清(かたきよ)が、円山(現在は松の森天満宮の鎮座地)に三社を再興し、長崎の産土神とした。正保4年(1641年)に幕府より現在地に社地を寄進され、慶安4年(1651年)に遷座した。安政4年(1857年)9月に火災により焼失したが、孝明天皇の勅諚により明治元年(1868年)に再興した。

大正10年に国幣中社に列格し、第二次大戦後は神社本庁の別表神社となった。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8E%AE%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E7%A4%BE%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E7%A5%9E%E7%A4%BE



鎮西大社諏訪神社

らいらい亭

金曜日の午後8時。来来亭で腹ごしらえをして出発します。

今回の旅は友人の借金大王も同行します。

夜の高速

夜の高速道路をひた走る。

目的地は長崎。転勤した友人に会いに行きます。

トラック

夜のサービスエリアの大量のトラック。

我々も夜のうちに少しでも長崎に近づかないといけない。

初日は日付が変わった深夜1時半に借金大王が眠気と疲労で限界が来たため防府の快活クラブで就寝。

美東サービスエリア

快活クラブは意外と広くて快適でした。

美東サービスエリアで朝食をとります。

幕末カツカレー (1)

山口県は幕末を推しますね。

幕末カツカレー (2)

朝からカツカレーを食す。美味。

ラーメンスタジアム (3)

山口県を抜け九州上陸。

借金大王が博多に行きたいとわがままを言うので博多に立ち寄る。

ラーメンを食べよう。昨日も食べたけど。

ラーメンスタジアム (2)

行きの高速で久留米運送の車をよく見かけたので久留米ラーメンを食べることに。

ラーメンスタジアム (1)

日ごろ徳島ラーメンばっかり食べてるからたまに違うラーメンを食べるのもいい。

諏訪神社 (13)

借金大王が博多に立ち寄ったため大幅に旅程が遅れ、しかも参道への道を間違いやっとのことで鎮西大社到着。

石段を駆け上る。

諏訪神社 (2)

手水舎

諏訪神社 (11)

トゲ抜き狛犬

諏訪神社 (12)

諏訪神社 (8)

諏訪神社 (10)

諏訪神社 (1)

諏訪神社 (3)

さざれ石

諏訪神社 (7)

諏訪神社 (6)

諏訪神社 (5)

社務所がぎりぎり開いている時間でしたので御朱印をいただくことができました。

もっと時間に余裕を持たないといけないと反省しました。