常楽寺

常楽寺

徳島県徳島市国府町延命606番地

歴史
寺伝によれば、空海(弘法大師)がこの地で修行をしていた際に、弥勒菩薩が多くの菩薩を連れた姿を感得した。そこで霊木に弥勒菩薩を刻み堂宇を建立して本尊として安置したという。空海の甥に当る真然僧正が金堂を建立、祈親上人が講堂、三重塔などを建立し七堂伽藍の大寺院となったと伝える。

天正年間(1573年 - 1592年)に長宗我部元親の兵火によって焼失。万治2年(1659年)に徳島藩主蜂須賀光隆によって、現在地より下った谷間に再興された。文化12年(1815年)に元の山上への建て替えを願い出て、3年後、低地の谷間から石段を50段ほど上った現在地に移転した。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E6%A5%BD%E5%AF%BA_(%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E5%B8%82)



常楽寺

四国八十八箇所霊場の第十四番札所です。

公太郎

2020年ですね。今年の正月休みは長いので世の人々は実家で家族団らんでしょうが、私は公太郎でラーメンを食します。

孤独が人を強くするんや。

常楽寺 (12)

八十八箇所巡りを進めます。

十四番札所常楽寺。

常楽寺 (14)

池があります。

国府町の端っこのほうにこっそりお寺があります。

常楽寺 (13)

この辺りも新入社員時代の担当地区だったのでよく走り回っていましたが、参拝するのは初めてですね。

常楽寺 (3)

納経所周辺にネコが大量にいる。

常楽寺 (10)

ドアを開けてくれるのを待つネコ。

常楽寺 (1)

お大師さん

常楽寺 (4)

手水舎

常楽寺 (5)



最近除夜の鐘がうるさいってクレームが多いとニュースで見ましたけど、それくらい我慢すればよくない?と思う。

心が狭いねん。

常楽寺 (6)

常楽寺 (7)

地面が岩肌むき出し。ネット記事で見て気になってたけどこんな感じなのね。

ゴツゴツした感じがワイルドでグッド。

常楽寺 (9)

大師堂

常楽寺 (8)

常楽寺 (11)

国府町には他にも札所があるので、少しずつ進めていこうと思います。