太鼓谷稲成神社

太鼓谷稲成神社

島根県鹿足郡津和野町後田409

歴史
安永2年(1773年)、津和野藩7代藩主亀井矩貞が、藩の領民安寧のために京都の伏見稲荷大社から勧請を受け、三本松城(津和野城)の鬼門に当たる太皷谷の峰に社を創建したのに始まる。以降、歴代藩主の崇敬を受け、廃藩後は庶民も参拝できるようになり、中国地方有数の稲荷神社となった。

近年は「日本五大稲荷」を称している(他の4社は伏見稲荷大社・笠間稲荷神社・竹駒神社・祐徳稲荷神社)。

1935年(昭和10年)に郷社に列格した。拝殿、本殿は1969年(昭和44年)に建て直された[1]。

社名
津和野城の城山の一角に位置し、江戸期には時刻を知らせる太鼓が鳴り響いた谷間であったことから太鼓谷と呼ばれる[4]。「稲成」と表記するのは、願い事が叶うようにとの思いからとされる[4]。 もとより藩主のみ崇敬を許される城内社であったが、ある日城の御蔵番が蔵の鍵を紛失した廉にて切腹の沙汰を申し付けられ、禁を犯して七日七晩願掛けに通ったところ、願い叶って蔵の鍵が見つかり助命されたという故事より、“成”の字を用いるようになったと伝わる[5]。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E7%9A%B7%E8%B0%B7%E7%A8%B2%E6%88%90%E7%A5%9E%E7%A4%BE



太鼓谷稲成神社

太鼓谷稲成神社 御朱印帳
オリジナル御朱印帳ありました。品切れしていたので郵送していただきました。

太鼓谷稲成 (1)
石見旅行の最後に立ち寄ったのがこちらの神社。

太鼓谷稲成 (2)
手水舎

太鼓谷稲成 (3)
津和野の町を眺める。

太鼓谷稲成 (4)

太鼓谷稲成 (6)

太鼓谷稲成 (5)
立派な神社です。県内二位の年間参拝客も納得。

参拝後、どっと疲れが出てきたので帰ることにする。萩まで行きたかったけどまた今度や。

インターのカレー
帰りにサービスエリアでカツカレーを食す。

帰るのに6時間くらいかかりました。萩まで行かなくてよかった。