物部神社

物部神社

島根県大田市川合町川合1545

社伝によれば、饒速日命の御子の宇摩志麻遅命は、神武天皇の大和平定を助けた後、一族を率いて美濃国・越国を平定した後に石見国で歿したという。宇摩志麻遅命は現在の社殿の背後にある八百山に葬られ、継体天皇8年(514年?)、天皇の命によって八百山の南麓に社殿が創建されたと伝えられる。

神階は貞観11年(869年)に正五位下に叙され、同17年(875年)に正五位上に、元慶元年(879年)に従4位下に[1]、天慶4年(941年)に従四位上に[2]昇叙した。延喜式神名帳では小社に列し、石見国一宮として歴代領主の崇敬を受けた。

社家については、景行天皇の時代に物部竹子連が石見国造に任ぜられ、その子孫は川合長田公を名乗り代々祭祀を行っていたというが、文治4年(1184年)金子家忠が安濃郡の地頭として赴いたときに子の道美が取って代わって当社の神主となり、以降金子氏が代々の祭祀を行うようになったという[3]。戦前に金子氏は出雲大社の千家・北島両家や、日御碕神社社家(島根県出雲市大社町)の「小野家」と並び、全国14社家の社家華族(男爵)の一つに列する格式を有していた。

以上ウィキペディアより。 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A9%E9%83%A8%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E5%A4%A7%E7%94%B0%E5%B8%82)



物部神社

物部神社
長浜神社参拝後、本日最後の神社として物部神社に参拝。

物部神社 (2)

物部神社 (1)
手水舎

物部神社 (4)
手水石に特殊な霊気があるらしい

物部神社 (3)
触ってみる。霊気を感じますな。

物部神社 (7)
見覚えのあるイラスト。イラストレーターが島根の人のようですね。

物部神社 (8)
シンボリルドルフの父!?確認しないと

物部神社 (9)
ありました。

物部神社 (10)
シンボリ牧場の和田さんが氏子だったんですね。

物部神社 (5)

物部神社 (6)
地元のおばあちゃんに授与所で話しかけられた。

私の前に参拝していたおじさんは大阪から来て、昨日は山口にいて豪雨で身動きが取れなかったらしい。大田市で宿を確保しようと巫女さんにこの辺で栄えてる場所を聞いていました。

私は出雲から西進しているのでおじさんとは逆の動きをしていますね。がんばってください。

浜田の居酒屋 (1)
今夜の宿を浜田市に決め、コインパーキングに駐車したところ、こないだまで一緒に仕事してて浜田に転勤した先輩と遭遇!

なんて世間は狭いのか

先輩おすすめの居酒屋に連れて行ってもらう。

浜田の居酒屋 (5)
地元の日本酒を飲む。

浜田の居酒屋 (4)
島根感のあるものを注文してみる。

浜田の居酒屋 (3)
のどぐろは食べたほうがいいと勧められたため注文。

しかしまさか約束もしてないのに遭遇するとは。おもしろいもんだ。

夜の浜田駅
先輩と解散し、夜の浜田駅前を散策。

濱田のラーメン (1)
ラーメン屋があるので立ち寄る。

濱田のラーメン (2)

濱田のラーメン (3)
ラーメンとキムチチャーハンとレモンサワーを頼むも、寝不足と日本酒の飲みすぎと疲労からかまったく進まず。

疲れてますな。