馬場都都古別神社

馬場都都古別神社

福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字馬場39

都々古別三社の一社で、江戸時代頃には「近津三社」(馬場都々古別神社・八槻都々古別神社・下宮近津神社)と総称された“上の宮”にあたります。
かつて「東夷」を鎮定した日本武尊(ヤマトタケル)が、初め建鉾山(白河市)に鉾を祭り、のちに大同二年(807年)坂上田村麻呂が近世棚倉城の地に移したと伝えられます。寛永元年(1624年)に棚倉藩主丹羽長重が棚倉城を築城するため現在の地に神社を遷宮しました。
祭神は味耜高彦根命と日本武尊を祭ります。
境内には樹齢数百年の古木が茂り、棚倉城地より解体移築されたと伝えられる流造の本殿や、向拝一間に唐破風を持つ拝殿は荘厳です。また棚倉町出身の近代画家勝田蕉琴の筆塚もこの境内にあります。
社宝には鎌倉時代源義家が寄進したとされる長覆輪太刀二口(国重文)や、赤糸威鎧残闕(国重文)などがあり、数多くの貴重な文化財が保管されています。

以上、棚倉町公式ホームページより。 http://www.town.tanagura.fukushima.jp/sp/page/page000339.html


都々古別神社(馬場)

棚倉鳥居

棚倉鳥居2

棚倉門

棚倉神社

「バイパスをまーっすぐ行って、ケーズデンキとセブンイレブンの交差点を右で着くよ。」
との巫女さんの言葉を信じて進むと、到着。

一時間近く歩きましたな。爽快。

御朱印は神社手前の宮司宅でいただきました。