「関東地方の御朱印」
東京都の御朱印

御田八幡神社

 ←朝倉神社  →津嶋神社
御田八幡神社

東京都港区三田3-7-16

御田八幡神社(みたはちまんじんじゃ)は、日本の東京都港区三田にある神社である。
誉田別尊命(ほんだわけのみこと、八幡神)を主祭神とし、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、武内宿禰命 (たけのうちすくねのみこと)を配祀とする。
海側斜面に位置する。江戸時代には直ぐ正面に東海道が走り、その向こうは江戸湾の海浜が開け、さぞかし風光明媚であったと考えられる。明治40年代芝浦の埋め立てが始まりその面影を失うことになる。周囲の木々の剪定は最低限にとどめられ、あたり一面薄暗く蕭蕭とした雰囲気を漂わせている。
平成21年には鎮祀1300年記念として、8月1日に式年例祭が、2日には御神輿渡御が斎行された。

和銅2年(709年)8月、東国鎮護の神として牟佐志国牧岡の地に祀られたのに始まる。寛弘7年(1011年)、武蔵国御田郷久保三田に遷座し、嵯峨源氏渡辺一党の氏神として尊崇された。延喜式神名帳には「武蔵国荏原郡 稗田神社(ひえだじんじゃ)」として記載されている。ただし、「延喜式内稗田神社」は、大田区蒲田の稗田神社・東六郷の六郷神社も論社となっている。
徳川家康の江戸城入城の際に奇瑞があったことから、現在地である荏原郡上高輪村海岸を開拓して社殿を造営し、寛文2年(1662年)8月に遷座が行われた。しかし、寛文8年2月の大火により社殿は全焼、仮殿が伊皿子坂薬師寺に置かれた。寛文12年8月に社殿が再建され再度遷座された。
慶応元年(1865年)に神祇官により延喜式記載の「稗田神社」に改称、明治5年(1874年)に「三田八幡神社」に改称し、郷社に列した。明治30年(1897年)に「御田八幡神社」に復した。昭和20年の東京大空襲で寛文12年造営の社殿が焼失し、戦後の昭和29年に復興された。

以上ウィキペディアより。

三田八幡神社

松屋
本社での出張のため、いつもより早く家を出る。駅までが遠い。

まずは松屋で栄養補給。紅しょうがで元気はつらつや!
三田八幡神社 (1)

羽田からモノレールに乗り、浜松町へ。山手線で一駅移動し、田町に来ました。

うーん。東京はやっぱり都会ですなあ。

三田八幡神社 (2)
駅から大きい通り沿いに歩いていくと、看板を発見。

かなり視認性高いです。

三田八幡神社 (4)
ここでカメラの電池が切れかけていることに気づく。朝見たときは大丈夫だったのに。

三田八幡神社 (5)

三田八幡神社 (6)
手水舎

三田八幡神社 (7)

三田八幡神社 (8)
社務所留守かと思ったら中にいらっしゃいました。よかった。

ゆでたろう (1)
仕事までまだ時間があるので、三田でお昼を食べておくことに。

ゆで太郎を見つけて懐かしくなり立ち寄る。

ゆでたろう (2)
500円ランチ!サラリーマンの味方ですね。ウチの近所にもほしいです。

ゆでたろう (3)
カツ丼セットいただきます!

この直後、職場から電話があり、1分でたいらげて店を出ることに。不運。

食事ぐらいゆっくり味わいたい。

磯丸
お仕事も終わり、土曜は友人夫婦と磯丸水産で競馬観戦しました。がんばれウチパク。

結果は微負け。でも小額で長時間楽しめたのでよかったです。




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 東北の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 関東地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 中部地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 近畿の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国・四国地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 九州の御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png 東北の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 関東地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 中部地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 近畿の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 中国・四国地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 九州の御朱印
【朝倉神社 】へ  【津嶋神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【朝倉神社 】へ
  • 【津嶋神社】へ