大阪天満宮

大阪天満宮

大阪府大阪市北区天神橋二丁目1番8号

大阪天満宮(おおさかてんまんぐう)は、大阪府大阪市北区天神橋にある神社(天満宮)。別名に天満天神・浪華菅廟・中島天満宮がある。大阪市民からは「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ親しまれている。

毎年7月24日から25日にかけて行われる天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つとして知られている。

歴史
白雉元年(650年)、孝徳天皇が難波長柄豊崎宮を造営した際、その西北に守護神として大将軍社を創建したのが当社のそもそもの始まりである。

延喜元年(901年)に菅原道真が藤原時平によって九州大宰府へ配転(左遷)させられた際、この地にあった大将軍社に参詣し、旅の安全を祈願している。

延喜3年(903年)に菅原道真が没した後に天神信仰が広まり始めるが、天暦3年(949年)に道真ゆかりの大将軍社の前に7本の松が生え、霊光を放ったという奇譚が都に伝わった。そして、それを聞いた村上天皇の勅命によってこの地に天満宮が建立される事となった。以後、当社は大将軍社を摂社として新たに天満宮が中心の社となる。

当社は度々火災に見舞われている。なかでも享保9年(1724年)の享保の大火(妙知焼け)では全焼の憂き目にあっている。後に復興したものの、今度は天保8年(1837年)の大塩平八郎の乱による大火でまたも全焼してしまった。天保14年(1843年)には現在の本殿が再建されて復興を果たしている。

1945年(昭和20年)の大阪大空襲の際には幸運にも被害を免れている。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%AE%AE



大阪天満宮

大阪天満宮 御朱印帳
オリジナル御朱印帳あります。2種類ありましたが、シックなほうをチョイス。

大阪天満宮 (1)
連れがお買い物に行っている間に神社参拝します。駅の名前にもなっている大阪天満宮です。

大阪天満宮 (4)
参拝客多いですね。

大阪天満宮 (5)
手水舎も大きい。

大阪天満宮 (9)
天満宮名物の絵馬。

大阪天満宮 (10)
こちらの神社は牛いましたが、柵に囲まれていて撫でられません。

大阪天満宮 (7)

大阪天満宮 (6)

大阪天満宮 (11)

大阪天満宮 (8)
東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ。