泉州航空神社

泉州航空神社

大阪府泉佐野市上瓦屋392−1

由緒
兵庫県神戸市の北野天満宮の次男として生まれた佐藤匡英が新空港の守護神社創建を志し、大空の守護、航空安全、そして少年少女の夢の育成を願い、構想、準備に10年を費やした後、嗜ヶ峰(いかるがのみね・交野市)の磐船神社様より御分霊を戴き、昭和58年12月10日に鎮座祭を斎行しました。

以上ホームページより。

泉州航空神社

和泉航空神社 (1)
真横に田んぼがある好立地に鎮座。

和泉航空神社 (2)
朝の日差しが。

和泉航空神社 (4)
ヘリコプターです。流石航空神社。

和泉航空神社 (3)
御朱印をいただいた後、「お時間ありましたら、資料館見られますか?」とおっしゃられたので遠慮なく拝観することに。

航空博物館 (1)
なんか飛行機がいっぱい!

航空博物館 (2)
銃もあります。

航空博物館 (3)
全国から寄贈された品のようです。プロペラとか珍しいものがいっぱいあります。

航空博物館 (4)
ユニフォームでしょうか。

航空博物館 (5)
珍しいものを見せてもらえました。満足です。