「近畿の御朱印」
和歌山県の御朱印

継桜王子

 ←滝尻王子 →石上神宮
継桜王子

和歌山県田辺市中辺路町野中591

継桜王子(つぎざくらおうじ、次桜王子・続桜王子とも)は和歌山県田辺市中辺路町にある神社。熊野九十九王子社のひとつ。国の史跡「熊野参詣道」(2000年〈平成12年〉11月2日)の一部。

比曽原王子から曲がりくねった国道をたどると、旧道と新道の分岐に出る。下方の国道への坂を背に、上方の旧道を進み、道沿い左側に大きな森と鳥居が見えてくる。ここが継桜王子である。
『中右記』天仁2年(1109年)10月24日条に「続桜」の名で、根元が檜で上部が桜という稀有な木の報告があり、次いで、「熊野道之間愚記」(『明月記』所収)建仁元年(1201年)10月13日条には「継桜」の文字が見えるように王子社が成立しており、以後も『熊野縁起』(正中元年〈1326年〉、仁和寺蔵)に「続桜」、『九十九王子記』(文明5年〈1474年〉)には「次桜」の名で知られていたことが分かる。
『中右記』などの記述によれば往時の継桜王子は現所在地よりも東側にあったとみられ、天正元年(1573年)付の「野中村若一王子権現社蔵文書」のように近世に現所在地に遷座させられたとする史料も見受けられる。江戸時代には若一王子権現と呼ばれて野中集落の氏神になり、『紀伊続風土記』が伝えるところによれば、境内は周98間、拝殿(祭神不詳、木製神体あり)の他に見明之明神社・金毘羅・秋葉社があったという。明治時代に入って村社に列格されたが、1909年(明治42年)に近野神社に合祀。高台の上の社殿はそのまま残されて祀りつづけられたが、戦後の1950年(昭和25年)になって御神体が取り戻されて旧状に復した。

以上ウィキペディアより。

継桜王子

継桜王子 (1)
中辺路をひた走り、継桜王子を探すが、気づくと熊野本宮大社に来てしまう。

見落としたのかな?と思い、またかなりの距離を引き返す。継桜王子の標識は道路沿いにないんですね。盲点でした。

写真は神社近くの茶屋。休憩場所になっているようです。

継桜王子 (2)
テレビ局が取材に来ていました。

継桜王子 (3)

継桜王子 (4)
石段いややわ~。

継桜王子 (5)

継桜王子 (6)
参拝後、御朱印をいただこうと思ったが、ふもとの茶屋には見当たらず。どこにあるんや?

近露王子 (3)
どうやら少し離れた場所の箸折茶屋で御朱印を管理している様子。無事いただけました。

近露王子 (1)
隣に近露王子があるので参拝します。

近露王子 (2)
疲れてきたのでまだ早いですが帰路に着くことに。

和歌山市に帰って観光することに。

ラーメン○イ (1)
○イさんでラーメンを食べることに。

ラーメン○イ (2)
ネギが多くて驚き。

店の近くで事件があったのか、警察がいっぱいいて恐ろしい。

カツどん
最後は夜のフェリー乗り場でカツ丼を食してフィニッシュ。お疲れ様でした。




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 東北の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 関東地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 中部地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 近畿の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国・四国地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 九州の御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png 東北の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 関東地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 中部地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 近畿の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 中国・四国地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 九州の御朱印
【滝尻王子】へ  【石上神宮】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【滝尻王子】へ
  • 【石上神宮】へ