「近畿の御朱印」
和歌山県の御朱印

闘鶏神社

 ←久延彦神社 →稲葉根王子
闘鶏神社

住所:和歌山県田辺市東陽1-1

闘鶏神社は、通称「権現さん」と呼ばれ、御祭神の中には、熊野三山(熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社)も勧請(かんじょう)されています。熊野権現の三山御参詣に替えるという三山の別宮的存在で熊野信仰の一翼を負っていました。熊野本宮大社が川の増水で流失する以前の社殿の形を再現しています。
また、鬪雞神社は勝負の神様としても御利益があるともいわれています。

闘鶏神社は、壇ノ浦合戦で源氏を勝利に導いた熊野水軍の伝説が今に伝わる神社です。闘鶏神社の名の由来は、平家物語壇ノ浦合戦の故事によるもので、源氏と平氏の双方より熊野水軍の援軍を要請された武蔵坊弁慶の父であると伝えられる熊野別当湛増(たんぞう)が、どちらに味方をするかの神意を確認するため、神社本殿の前で赤を平氏、白を源氏に見立てた紅白7羽の鶏を闘わせたことによるものです。境内の一角にはその様子を再現した湛増と弁慶像があります。
そのほかにも、神社の社務所には源義経が奉納したといわれている笛(銘白竜)、弁慶産湯の釜、弁慶の父湛増が使ったとされている鉄烏帽子や鉄扇等の宝物が展示されています。

以上田辺観光協会ホームページより。


闘鶏神社 


フェリー (1) 

職場の歓迎会後、4時半起床でPCXを走らせフェリー乗り場へ。


フェリー (2) 

今週は日曜日が雨予報のため、土曜にツーリングを楽しもうという考えである。

今回の目的地は、以前熊野詣のときにスルーしてしまっていた九十九王子等南紀近辺です。

吉野家 

10時過ぎくらいに田辺市に入る。営業している店が見当たらないので吉野家へ。豚丼をチョイス。


闘鶏神社 (1) 

まずは最初の目的地、闘鶏神社に到着。


闘鶏神社 (2) 


闘鶏神社 (7) 

ニワトリ。


闘鶏神社 (3) 

弁慶が熊野水軍と交渉している像。

源平の合戦もいいですよね。平家の方々とか、木曽義仲とか、奥州藤原氏とか、亡んでしまう人たちの悲劇というか。


闘鶏神社 (4) 

闘鶏してますね。

闘鶏神社 (5) 

七五三とかで人は結構いますね。田辺市では一番大きい神社になるのかな。


闘鶏神社 (6) 

ここまで遠かったですが、次の目的地、中辺路方面へ向かいます。






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 東北の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 関東地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 中部地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 近畿の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国・四国地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 九州の御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png 東北の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 関東地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 中部地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 近畿の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 中国・四国地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 九州の御朱印
【久延彦神社】へ  【稲葉根王子】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【久延彦神社】へ
  • 【稲葉根王子】へ