「近畿の御朱印」
和歌山県の御朱印

伊太祁曽神社

 ←宝来山神社 →日前神宮・國懸神宮
伊太祁曽神社

和歌山県和歌山市伊太祈曽558

伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)は、和歌山県和歌山市にある神社。旧称は山東宮。式内社(名神大社)、紀伊国一宮。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。

御鎮座の時期については明らかでないが、『続日本紀』の文武天皇大宝2年(702年)の記事が初見になる。古くは現在の日前宮の地に祀られていたが、垂仁天皇16年に日前神・国懸神が同所で祀られることになったので、その地を明け渡したと社伝に伝える。その際、現在地の近くの「亥の杜」に遷座し、713年(和銅6年)に現在地に遷座したと伝えられる。
『延喜式神名帳』では名神大社に列し、紀伊国一宮とされる。1918年(大正7年)に官幣中社に列格した。この際に内閣が作成した文書「國幣中社伊太祁曽神社ヲ官幣中社ニ列格セラル」には、
国幣中社伊太祁曾神社は大屋毘古命を祀る命は妹大屋津姫命抓津姫命とともに木種を紀伊国に分布し給ひ、実に本国経営の祖神にましませり。初め此の三神は一所に奉祀せられしが、大寶二年三所に分遷せられ、大屋毘古命今日の社地に鎭りぬ。是れ即ち本社の起源なり。本社の由緒を案するに大同元年の牒五十四煙の神封に加へて十二戸を充てられ、嘉祥三年從五位下に叙し、紀貞守を使として之を奉告せしめられ、貞觀元年從四位下に、元慶七年從四位上に進み、延喜の制名神大社に列して、祈年月次相嘗新嘗の官幣に預れり。上述の事歴を通考するに、本社は官幣中社に列せらるるを至当なりと認む。仍て官幣中社に列格被為仰出度、右謹て奏す。
とある。戦後は神社本庁の別表神社となった。

以上ウィキペディアより。

伊太祁曽神社

伊太祁曽神社 (1)
和歌山市に引き返していると、左折伊太祁曽神社の表示があったので、向かう。

伊太祁曽神社 (2)
一宮です。標識見つけられてラッキー。

伊太祁曽神社 (3)
木の神様を祀っているそうです。

伊太祁曽神社 (4)
めっちゃ参道長くね?

伊太祁曽神社 (5)
と思ったら、右側に鳥居がありました。

伊太祁曽神社 (7)
橋を渡って。

伊太祁曽神社 (8)
コイ。

伊太祁曽神社 (9)
このあたりで、カメラの電池が切れかけていることに気づく。

伊太祁曽神社 (11)

伊太祁曽神社 (12)

伊太祁曽神社 (13)

伊太祁曽神社 (14)
猿石。猿の顔に見えるとの事。本殿参拝前に拝んで、精神を落ち着かせるとか説明に書いてたけど、順番逆になってしもたな。。

伊太祁曽神社 (15)
マイナスイオンあふれてそうな道があったので向かいます。

伊太祁曽神社 (16)
ひんやりした空気の道。

伊太祁曽神社 (18)

伊太祁曽神社 (17)
やはり森の中に入ると力がみなぎる感じがしますな。

感想:やはり森林浴がナンバーワン。




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 東北の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 関東地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 中部地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 近畿の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国・四国地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 九州の御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png 東北の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 関東地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 中部地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 近畿の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 中国・四国地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 九州の御朱印
【宝来山神社】へ  【日前神宮・國懸神宮】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【宝来山神社】へ
  • 【日前神宮・國懸神宮】へ