北畠神社

北畠神社

三重県津市美杉町上多気1148

北畠神社(きたばたけじんじゃ)は、三重県津市美杉町上多気にある神社。国の史跡「多気北畠氏城館跡」に鎮座し、初代伊勢国司として南朝奉護に尽くした北畠顕能を主祭神とする。建武中興十五社で唯一、近世以来の由緒を持つ。

由来書によれば、北畠具房の4代孫鈴木孫兵衛家次が寛永20年(1643年)3月、旧縁の地に小祠を設けて北畠八幡宮と称したのが創祀という。ただし、当初は八幡神の勧請のみで、顕能を奉祀したのは元禄年間に下るとの説もある。やがて八幡三神に倣い、北畠親房・顕家を合祀する。1881年(明治14年)11月村社北畠神社に改称。1907年(同40年)12月多芸村内の16社を合祀し、1916年(大正5年)宝庫・社務所などを整備。1928年(昭和3年)10月社殿を新造して主神を遷座し、11月10日別格官幣社に昇格した。別当寺の真善院が現在の庭園の位置にあったが、天保11年(1840年)春に火災に遭い、再興しないまま1898年(明治31年)廃絶した。

以上ウィキペディアより。

北畠神社

北畠神社 御朱印帳
オリジナル御朱印帳あります。かわいかったので衝動買い。きゃわわ。

北畠神社 (1)
最後の目的地北畠神社に到着。同じ津市内やけど、結城神社から遠かったなー。

北畠神社 (2)
山道を走り抜けてきたので、食事処もなかった。なんか食べたい。お、看板あるやんけ。

北畠神社 (3)
食事処や。ここで一休みを・・・

「すいません、満席です。」

北畠神社 (4)
昼飯は食べ損ねたが、気を取り直して参拝しよう。

北畠神社 (5)

北畠神社 (6)
北畠顕家公の銅像。

北畠神社 (7)

北畠神社 (8)
御朱印をいただく際、社務所の方と少し話をする。

「どちらから建武中興十五社巡りを始められたんですか?」

「霊山神社からです。」

「霊山神社ですか。遠かったでしょう。私も昔行ったことがあります。」

「遠かったですね。一宮巡りで福島に行ったときに、霊山にも寄ったんです。今行かないと、今度来るのは難しいと思って。」

「車じゃないと行けない立地ですよね。ま、ウチも遠いんですけどね。」

確かに北畠神社もアクセスは・・・仕方ないよね。

昼飯 (2)
道の駅御杖の食堂で遅い昼飯。結構な値段するんですけど。ええけど。

その後和歌山港までひた走る。遠いよ。道もわからんし。

和歌山港
なんとか和歌山港に到着。無事に帰れてよかった。

フェリー原付無料は3月末まで続くようなので、またツーリングに行きたいですね。

感想:やっぱ三重は遠いわ。