「中部地方の御朱印」
三重県の御朱印

敢国神社

 ←新宮神社 →椿大神社
敢国神社

三重県伊賀市一之宮877

敢國神社(あえくにじんじゃ)は、三重県伊賀市一之宮にある神社。式内社(大社)、伊賀国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。

社伝では、斉明天皇4年(658年)の創建になるとする。これによると祭神の大彦命は四道将軍として北陸地方を平定し、その子孫は伊賀国阿拝郡一帯に居住して阿閇氏(敢氏/阿閉氏)を称し、大彦命を祖神として祀ったという。また、それとは別に少彦名命を祀る秦氏一族があり、これら2柱をもって創建されたとする。創建当初は、敢國神社南方の南宮山山頂付近に祀られたが、後に現在地(南宮山山麓)に遷されたという。その後、山頂附近の社殿跡には南宮大社より勧請された金山比咩命が祀られたため、その山が「南宮山」と呼ばれたともいう。そして貞元2年(977年)、金山比咩命の社殿前の神木に言葉が現れたことにより、金山比咩命を敢國神社に合祀したとしている。

以上ウィキペディアより。

敢国神社

敢国神社 (1)
たどり着きました伊賀国一ノ宮。名阪国道が自動車専用で、原付だと困ってしまうパターンですね。

敢国神社 (2)
このあたりは信長の野望嵐世記だと森田浄雲が治めてたと思うんですが、地元での知名度はどうなのでしょうか。

僕はいつも森田浄雲で遊びますから大好きですけどね。弱小大名プレイとして。

敢国神社 (3)

敢国神社 (4)
あったけ~

敢国神社 (7)
電動獅子舞。

敢国神社 (5)

敢国神社 (6)
無事に参拝終了。

関宿道の駅
鈴鹿市に向かう。途中関宿の道の駅で休憩や。

定食
定食食べて、先を急ぐ。鈴鹿着いたら夕方やで。




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 東北の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 関東地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 中部地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 近畿の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国・四国地方の御朱印
総もくじ 3kaku_s_L.png 九州の御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png 東北の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 関東地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 中部地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 近畿の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 中国・四国地方の御朱印
総もくじ  3kaku_s_L.png 九州の御朱印
【新宮神社】へ  【椿大神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【新宮神社】へ
  • 【椿大神社】へ