建部大社

建部大社

滋賀県大津市神領一丁目16-1

建部大社(たけべたいしゃ)は、滋賀県大津市にある神社。式内社(名神大社)、近江国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。旧称は「建部神社」。

社伝では、日本武尊の死後の景行天皇46年、日本武尊の妃・布多遅比売命が神勅によって、御子・建部稲依別命とともに住んでいた神崎郡建部郷千草嶽(現在の東近江市五個荘伊野部町付近の箕作山)の地に日本武尊を「建部大神」として祀ったのが創建とされる。建部郷の「建部」の名は日本武尊をしのんで名代として名付けられたことに因むといい、他にも各地に設けられている。のち、天武天皇4年(675年)に近江の守護神として、現在地の栗太郡勢多へ遷座したという。遷座後、元の千草嶽の麓には神護景雲2年(768年)に聖真大明神と建部大明神が設けられたとされ、現在は建部神社が建てられている。
天平勝宝7年(755年)には、大己貴命が大神神社から勧請され、権殿に祀られたという。

以上ウィキペディアより。

建部大社

建部 (1)
道を間違えて京都に行ってしまいましたが、無事に到着。京都から大津って近いですね。

建部 (2)
この神社はヤマトタケルさんを祀っているようです。

建部 (3)

建部 (4)
出店もありますね。

建部 (5)

建部 (6)

建部 (8)

建部 (9)

建部(11)

建部 (12)

建部 (11)

建部 (13)
ヤマトタケルさん。悲運のヒーローって感じですよね。個人的にはかっこいい神様だと思います。