木華佐久耶比咩神社

木華佐久耶比咩神社

岡山県倉敷市福江1671−4

当社は本国総社神名帳に神階従4位下木華佐久耶比め明神と記載され、備前国式外128社の内の一つである。 また中世から明治に至るまで福南山明現宮と称され、熊野五流一山の修験道場として栄え、近世においては備前池田藩累代の御祈願所として崇敬された。
 木華佐久耶比め命は、大山祇命の御子であり、天照大神の御孫、瓊々杵命の御妃となられ、桜の花の如く心身ともに麗しく日本国最古の国母の女神である。
 戦前戦中崇敬者は、県南全般に及び福南山の神社として広く知れ渡たっていた。しかし、戦後昭和23年不審火により社殿を焼失、現在参上には奥宮として石祠を残すのみとなった。
 昭和28年から昭和51年にかけ山麓の現在位置に社殿を再建し、その後平成12年幣殿、拝殿を改築し荘厳なる社殿に一新された。その他境内の整備にもつとめ、祭神に相応しく桜の植樹にも力を入れた。また、山頂の展望台からは瀬戸内海の島々が眺望できる。

以上岡山県神社庁より。

コノハナサクヤヒメ神社
書置きをいただきました。

コノハナサクヤ神社 (1)
ナビに従うと池の横のガードレールもない道を案内される。ホンマにこれが順路なのか。。

コノハナサクヤ神社 (2)

コノハナサクヤ神社 (3)

コノハナサクヤ神社 (4)

コノハナサクヤ神社 (5)

コノハナサクヤ神社 (6)

コノハナサクヤ神社 (7)

コノハナサクヤ神社 (8)
こちら女子力アップの神社とのことで、女性の方が一名参拝されてました。

コノハナサクヤ神社 (9)
帰り道に、普通の道があったことに気づきました。カーナビさん頑張ってほしいです。