伊和神社

伊和神社

兵庫県宍粟市一宮町須行名407

伊和神社(いわじんじゃ)は、兵庫県宍粟市一宮町須行名にある神社。式内社(名神大社)、播磨国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。

海神社・粒坐天照神社と合わせて「播磨三大社」と総称される。

歴史
成務天皇14年または欽明天皇25年の創祀と伝わる。

『延喜式神名帳』には、「伊和坐大名持魂神社(いわにいますおおなもちみたまのかみやしろ)」(伊和に鎮座する大己貴神の社)とあり、正暦2年(991年)、正一位の神階に叙せられた。

播磨国一宮とされ、幾度か火災にあって焼失する度に朝廷、国司、守護赤松氏、近隣の藩主などの庇護で再建された。なお、鎮座地である一宮町(現・宍粟市)の地名は、播磨一宮の当社に由来する。[2]。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%92%8C%E7%A5%9E%E7%A4%BE



伊和神社

道の駅 (2)
鳥取から激走し、着いた。宍粟市って(しそうし)って読むのね。読めんがな。

道の駅 (1)
道の駅なんで激混みなんや。。

伊和神社 (2)
今回の旅最後の神社へ向かうで。

伊和神社 (1)

伊和神社 (3)

伊和神社 (4)

伊和神社 (5)

伊和神社 (6)
御朱印ガールが写り込んでますな。

伊和神社 (10)
家族連れもいたし、なかなかにぎわってました。

この後、帰路に就く。かなり運転したな、今回の旅。アクセラ快適ですわ。