吉備津彦神社

吉備津彦神社

岡山県岡山市北区一宮1043

吉備津彦神社(きびつひこじんじゃ)は、岡山県岡山市北区一宮にある神社。備前国一宮。旧社格は国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。
近年、「朝日の宮」(あさひのみや)の別称がある。

岡山市西部、備前国と備中国の境に立つ吉備の中山(標高175m)の北東麓に東面して鎮座する。吉備の中山は古来より神体山として信仰されており、北西麓には備中国一宮・吉備津神社が鎮座する。当社と吉備津神社とも、当地を治めたとされる大吉備津彦命を主祭神に祀り、命の関係一族を配祀する。
大化改新を経て吉備国が備前・備中・備後に分割されたのち、備前国一宮として崇敬された。中世以後は、宇喜多氏、小早川秀秋、池田氏など歴代領主の崇敬を受けた。

以上ウィキペディアより。

吉備津彦神社

吉備津彦神社 (3)
この神社は人多いね。

吉備津彦神社 (4)
よく見えないけどカメ。

吉備津彦神社 (2)
お茶屋さんもあります。

吉備津彦神社 (1)

吉備津彦神社 (5)

吉備津彦神社 (6)

吉備津彦神社 (7)
でかい灯篭。

吉備津彦神社 (8)

吉備津彦神社 (9)