徳守神社

徳守神社

岡山県津山市宮脇町5番地

徳守神社(とくもりじんじゃ)は、岡山県津山市宮脇町にある神社。津山藩総鎮守。 社格は県社で、現在は津山市中央市街地の総鎮守として氏子に親しまれている。

創建
社伝では、天平5年(733年)の創祀と伝えられている。社地は当初現在の津山市小田中の地にあったが、天文8年(1539年)火災に遭い社殿、宝物等悉く焼失した。慶長8年(1603年)美作の国18万6500石の国守大名として入封した森忠政が津山城を築くにあたり、翌9年(1604年)現在地に移して津山城下の総鎮守とした。
現在の社殿は寛文4年(1664年)2代藩主森長継が改築したものである。明治5年に県社に列せられた。
氏子は津山市の中心部56町内にわたり作州第一の大社である。例祭(秋祭)の神輿巡幸は、供奉300人を越え全長500メートルの行列になる。
「徳守」の社号は勅使として参向した清閑寺大納言藤原徳守の名に因むといわれるが定かではない。

以上ウィキペディアより。

徳守神社

徳守 (1)
周囲は一方通行の多い住宅・商店街。

徳守 (2)

徳守 (3)

徳守 (4)

徳守 (5)
熱心に拝んでる親子がいました。敬虔やな。

ホルモンうどん (1)
津山のB級グルメと言えばホルモンうどん。看板を見かけたので立ち寄る。

ホルモンうどん (2)
ホルモンうどんは津山のお好み焼き屋等で提供されているそうな。

ホルモンうどん (3)
ホルモンうどん定食!炭水化物×炭水化物や!

ホルモンうどん (4)
感想:炭水化物×炭水化物は重たい。