琴弾八幡宮

琴弾八幡宮

香川県観音寺市八幡町一丁目1番1号

琴弾八幡宮(ことひきはちまんぐう)は、香川県観音寺市の琴弾山の最も高い山頂部にある神社である。旧社格は県社。三角点(58.3m)は別の峰にある。麓に随心門があり378段の参道があるが、一方通行のドライブウエイがあり車で頂上まで行ける。その麓には神幸殿や数々の摂社や広い広場があり秋祭りのときは町内の太鼓台が集結する。
八幡神として応神天皇・神功皇后・玉依姫命を祀る。神仏習合の時代には当社が四国八十八箇所第68番札所だった。現在は新四国曼荼羅霊場23番。さぬき十五社の14番でもある。
以上ウィキペディアより。

琴弾八幡宮

琴弾八幡宮 (1)
琴弾公園の近くにあります。鳥居が大きいので気づきました。

琴弾八幡宮 (2)
立派な鳥居。

琴弾八幡宮 (3)
源平合戦について。平知盛の辞世の句が潔くて好きです。

琴弾八幡宮 (4)

琴弾八幡宮 (5)
ネコ。エサを食していたが近づくと逃げられる。

琴弾八幡宮 (6)

琴弾八幡宮 (8)
境内広いなあ。

琴弾八幡宮 (7)

琴弾八幡宮 (9)
こちらは下拝殿とのことで、ドライブウェイで本殿へ向かいます。

琴弾八幡宮 (15)
こんな感じのルート。

琴弾八幡宮 (14)
こっちです。

琴弾八幡宮 (10)
またネコ。

琴弾八幡宮 (11)

琴弾八幡宮 (12)

琴弾八幡宮 (13)

琴弾八幡宮 (16)
有名らしいお金。御朱印にも押されてますね。