中野天満神社

中野天満神社

香川県高松市番町五丁目1番18号

創建年は不明であるが、菅原道真の霊を京都北野天満宮から勧請し、北野の「野」と所在地の香川郡中ノ村(現・高松市中野町付近)の「中」を合わせて中野天神と称し、その後1638年(寛永15年)に生駒高俊が現在地(旧・雑賀城跡)に奉還した。高松藩藩主・松平頼重はこの菅神を厚く信仰し、社殿・社地を大きく広げ、1916年(大正5年)には郷社に列格した。しかし、それらは1945年(昭和20年)7月4日の米軍による無差別絨毯爆撃「高松空襲」によって全焼し、社殿など一切は失われる。その後、社地を縮小した上で有志によって1969年(昭和44年)に再建された。

以上ウィキペディアより。

中野天満神社

中野天満神社
香川県庁の近くにあります。髙松の中心地ですね。

中野天満神社 (3)

中野天満神社 (5)
天満宮恒例撫で牛。撫でる。

中野天満神社 (6)
資生堂が目立つ。

中野天満神社 (7)

中野天満神社 (8)

中野天満神社 (2)
中心市街地に鎮座しているので、いわゆる東京の街中にある神社に雰囲気は近いですね。近代的な鉄筋コンクリート造りというか。