滝宮天満宮

滝宮天満宮

香川県綾歌郡綾川町滝宮1314番地

滝宮天満宮(たきのみやてんまんぐう)は、香川県綾歌郡綾川町にある神社(天満宮)。
天満宮の祭神である菅原道真は886年(仁和2年)から890年(寛平2年)の間、讃岐守として讃岐国に赴任している。当天満宮が鎮座している場所は、かつて讃岐国国司の官舎(有岡屋形)が存在した場所といわれている。
毎年8月25日に行われる滝宮の念仏踊は、重要無形民俗文化財に指定されている。また、香川県で最も有名な学問の神様として多くの参拝者を集める。

以上wikipediaより。

瀧宮天満宮

瀧宮天満 (2)
受験生大好き天満宮やで。

瀧宮天満 (3)

瀧宮天満 (4)

瀧宮天満 (5)

瀧宮天満 (6)
ミニミニなでうし。アホの子は撫でるといいで。

瀧宮天満 (7)

瀧宮天満 (1)
天満宮恒例、受験生の絵馬。

最近、国立大入試が人物重視になるみたいなニュースを目にしましたが、だったら受験なんてさせずに面接だけにすればいいのにね。そしたら参考書とか塾とか不要になって効率的なのに。勉強しんどいしね。

瀧宮天満
さりげなく恋愛に効きそうな摂社。

瀧宮天満 (8)
受験生のみなさん、センター試験頑張ってください。