西照神社

西照神社

徳島県美馬市脇町西大谷672番地

西照神社(にしてるじんじゃ)は、徳島県美馬市にある神社。式内小社。旧社格は郷社。祭神は主神が月読尊、配神が田寸津姫命、田心姫命、市杵島姫命。

徳島県美馬市と香川県高松市の境に位置する大滝山山頂(946m)にある。延喜式神名帳に記された田寸神社(たきじんじゃ)の論社となっている。
社伝によれば、夜の食国(よるのおすくに)を統治する月読尊が、大和国方面の監視役として田寸津姫命を大滝山に遣わし、ここから瀬戸内海の監視をさせたことが当神社の起源であるとする。
平安時代前期に空海がこの山に籠もって修行を行い、西照大権現を安置したことにより神仏混淆の山岳道場となったと言われる。
以降、明治時代に至るまで「西照権現」と称した。江戸時代には徳島藩家老稲田氏の崇敬を受け社領として9石8斗を寄進され、また高松藩主の祈願所として50石が営繕費として寄進された。
明治初期の神仏分離令により神社と寺院(大瀧寺)に分離された。明治6年(1873年)西照神社と改称され郷社に列した。
西照神社

脇町の大滝山山頂に鎮座する西照神社。ちょっと遠いので原付ではなく車で向かう。

風景 (3)

風景 (2)

適当に撮影。なんとなく山深い場所ということは御理解いただけただろうか。

西照神社 (8)

車がすれ違えなさそうな箇所もありつつ到着。対向車が来なくてよかった。


西照神社 (2)

狛犬。後ろに駐車してるのが愛車ティーダね。

ティーダというのは沖縄の方言で太陽。FFⅩの主人公ティーダと同じ元ネタですね。

リュック
「やめなきゃダメなんだよ!
「このまま旅をつづけて…… ザナルカンドに行って……
「『シン』をやっつけても…… その時……ユウナは……
「ユウナ 死んじゃうんだよ!!
「キミ知ってるよね?
「召喚士は究極召喚を求めて旅してるって!
「ユウナから聞いたよね!?
「究極召喚なら『シン』に勝てるよ? だけど……だけど!
「あれ使ったら 召喚士は死んじゃうんだよ!
「『シン』を倒しても いっしょにユウナも死んじゃうんだよ!!

ティーダ
「知らなかったの……オレだけか?
「知らなかったの オレだけかよ!
「オレだけか! なんで隠してたんだよ!

ワッカ
「隠してたんじゃねえ

ルールー
「言葉にするのが……怖くてね

ティーダ
「ルールー ユウナのこと妹みたいに思ってたんじゃないのかよ!
「ワッカもそうだよな!
「どうして止めないんだ!

ルールー
「止めなかったと思うの!?
「ユウナの……意思なのよ

ワッカ
「あいつは みんな承知の上で召喚士の道を選んだんだ
「『シン』と戦って死ぬ道をよ!

リュック
「そんなの絶対おかしいよ!
「みんなのしあわせのためだからって……
「召喚士だけが 犠牲になるなんて!

ティーダ
「オレ……オレ ユウナに言っちゃったぞ!
「早くザナルカンド行こうって! 『シン』を倒そうっ……!
「倒した後のことも いっぱい いっぱい!!
「あいつの気持ちもなんにも知らないでさあ!
「なのに……ユウナ……
「あいつ……笑ってた

 ティーダ
「ユウナに あやまらなくちゃ……
「助けるんだ!

※アルベドのホームにて、途中一部省略。
 
僕はFFⅩだとこのイベントが一番好きです。

西照神社 (3)

当神社には天保14年(1843年)に奉納された狛犬がある。ある夏の夜、ここを通りかかった母子に狼に追われて神社の祠に逃げ込んだ。狼がこの母子に襲いかかろうとしたところを、この狛犬が狼を撃退したという伝説が残っている。

やるな狛犬。

西照神社

西照神社 (5)
摂社稲荷神社。
西照神社 (6)
丁度神職の女性の方が境内の掃除をされていました。やはり山深い場所なので、基本的には下で生活し、時間がある時にできるだけ上ってきているそうな。

道中に小学校がありましたが、そこももう廃校になっているそう。最後の卒業生がもう成人しているんじゃないかな、とのことでしたので、かなり前の話ですね。

山の上で空気も澄んで、いいところですね。雨が降ってきたので退散しましたが、天気のいい時にまた来たいものです。