調神社

調神社

埼玉県さいたま市浦和区岸町3-17-25

「調宮縁起」によると、今からおよそ2,000年前の第10代崇神天皇の勅命により創建。伊勢神宮へ納める貢(調)物(みつぎもの)の初穂を納めた倉庫群の中に造営されたため、貢物搬出入の妨げになる鳥居がないと伝えられています。確かな文献では、平安時代中期の延喜5年(905)に醍醐天皇が編纂を命じた法典である「延喜式神名帳」に、武藏國四十四座のうちの一社と記載されています。
 また、調(つき)の名が、月と同じ読みであるところから、月の動物と云われた兎が神の使いとされ、中世の月待信仰(月のもつ神秘に畏敬をなし、月の出を待って祈る信仰)の広がりと結びつき、江戸時代には月読社とも呼ばれていたようです。今も兎の石像や社殿に飾られた兎の彫物、兎の絵馬など所々に兎が配されています。

以上、公益社団法人さいたま観光国際協会ホームページより。 http://www.stib.jp/info/data/tsuki.html



調神社


こちらの神社にはオリジナル御朱印帳があります。

調神社御朱印帳

調神社には蚊がいないという七不思議?があると聞いたんですが、普通に蚊に刺されました。

調神社 (6)

調神社 (4)

調神社 (2)