猿田神社

猿田神社

千葉県銚子市猿田町1677

猿田神社

猿田神社(さるだじんじゃ)は、千葉県銚子市猿田町にある神社。古くから八方除けなどで信仰されている。猿田彦大神・天鈿女命・菊理媛命を主祭神とする。

猿田神社

社伝によれば、垂仁天皇25年11月25日の創建とされ、神功皇后の御世に生田神社の摂社になったという。大同2年(807年)に社殿を造営、康平年間(1058年~1065年)には源頼義が神田を寄進し、鎌倉時代以降も武家の信仰が篤く源頼朝も寄進したと伝えられ、足利晴氏は金印を奉納をし当時のものという印が現存する。

永禄9年(1566年)海上氏と安房正木氏との合戦で社殿を焼失、元亀年間に再建するも天正元年(1573年)にふたたび焼失、翌天正2年(1574年)に再建し、現本殿は延宝8年(1680年)に改築されたものである。なお、天正19年(1591年)には徳川家康も朱印地30石を寄進した。

庚申の年(60年ごと)に式年大祭神幸祭がある。

猿田神社 (3)

カーナビに従って向かいましたが、中々険しい道でした。森の中。ですがすごい立派な神社。

猿田神社 (7)

地元では有名な神社なんでしょうね。駐車場も広く、社殿もきれい。

猿田神社 (4)

猿田神社 (6)

猿田神社 (5)

ここから家まで帰るのが遠いでんがな。千葉は広いですな。