櫻岡大神宮

櫻岡大神宮

宮城県仙台市青葉区桜ケ岡公園1-1

仙台藩祖伊達政宗公、元和七年(1621)に伊勢神宮よりご分霊を勧請し、宮城郡荒巻に祀り神明宮と称し伊勢堂山と号した。
伊達綱村公、天和二年(1683)に伊勢堂山の規模を拡張及び社殿を改築し、社領二十貫文の地を加美郡四竈村に於いて寄進され更に祭祀料玄米五石、小豆一石一斗を寄せ、惣頭一名、足軽四十人、人夫十人を派して祭典を執行し、神事を衛守せしめ、殊に奉行職をもって代拝とし広く人々に参拝せしめ、累代の藩主継嗣の折りに参拝することを例とし、大小の造営は悉く公費をもって修築なされるなど 伊達家累代崇敬の社であった。
明治維新の神仏分離令により神宮寺を廃止して伊勢堂山より明治五年(1872)、近く広瀬川の清流に臨み、前面に青葉山や亀岡を望む景勝の地(西公園内)にご遷座、大正十五年十月十七日(1926)、現在の場所に社地を変更し、社殿を造営遷座現在に至る

以上、櫻岡大神宮ホームページより。 http://www.hat.hi-ho.ne.jp/sakuragaoka/



櫻岡大神宮

桜岡大神宮
東北旅行(弘前→水沢→一関→平泉→仙台)の最終日。アパホテルの風呂で疲れを癒した後、仙台市内の神社巡りを決行しました。

朝イチでこちらの神社に伺いましたが、社務所は留守。仙台大神宮に先に参拝して戻ってきたら、宮司さんがいらっしゃって御朱印をいただけました。

桜岡大神宮 (2)