波除稲荷神社

波除稲荷神社

東京都中央区築地6丁目20−37

明暦の大火後、築地の埋め立て工事が行われたが、荒波の影響で工事は難航した。その最中のある晩、光を放ち漂う御神体が見つかり、万治2年(1659年)、現在地に社殿を建て祀った。その後、波が収まり工事が順調に進んだことから、以降厄除けの神様として信仰を集めることとなった。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A2%E9%99%A4%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E7%A5%9E%E7%A4%BE



波除稲荷神社


廻るすしざんまい

せっかくの築地やし、廻るすしざんまい行ってきた。美味いな!!流石築地ですわ。