東京大神宮

東京大神宮

東京都千代田区富士見2−4−1

東京大神宮は、東京都千代田区富士見町に位置する神社である[2]。

1880年(明治13年)4月17日、有楽町の大隈重信邸跡に落成した皇大神宮遙拝殿が起源であり[2]、一般には「日比谷大神宮」もしくは「日比谷皇大神宮」と称された[3]。 明治政府の宗教政策転換により神宮司庁と神宮教院が分離すると、後者に属していた本神社は、大神宮祠、神宮奉斎会本院と幾度か改名した[2][4]。 1900年(明治33年)5月10日、明治天皇皇太子(のちの大正天皇)の結婚式が宮中三殿で行われる[5]。これを記念に神前式結婚式を創始、現在に伝わる神前結婚式となった[4][6]。 1923年(大正12年)9月1日の関東大震災で被災し、1928年(昭和3年)に現在地に移転して飯田橋大神宮と呼ばれた[4]。太平洋戦争終結後の1946年(昭和21年)1月、宗教法人東京大神宮に改称し、現在に至る[1]。

以上ウィキペディアより。  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E7%A5%9E%E5%AE%AE



東京大神宮

東京大神宮 (2)

東京大神宮朱印帳(さくら)

東京大神宮のオリジナル御朱印帳です。

神前式発祥の地だけあって、縁結び効果を期待して女性の参拝客が多いですね。