赤城神社

赤城神社

東京都新宿区赤城元町1−10

由緒
鎌倉時代の正安2年(1300年)、上野国赤城山の麓から牛込に移住した大胡彦太郎重治により、牛込早稲田の田島村に創建されたと伝わる[1]。文安元年(1444年)には、大般若経が奉納された[2]。 寛正元年(1460年)、江戸城を築城した太田道灌により牛込台に移された[3]。その後、弘治元年(1555年)、大胡宮内少輔により現在地に移される。江戸時代には徳川幕府によって江戸大社の一つとされ、牛込の鎮守として信仰を集めた。

『江戸名所図会』では「赤城明神社」として紹介され、大胡重泰(おおごしげやす)により創建されたこと[4]、牛込の鎮守であり別当寺は東覚寺(天台宗)であることなどが記されている[5]。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%9F%8E%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%8C%BA)



赤木神社

神楽坂赤城神社 (2)

カフェが併設されておしゃれー。きれいですね。