蒲田八幡神社

蒲田八幡神社

東京都大田区蒲田4丁目18−18

創建は不詳であるが、同社や東京都神社庁によると、境内に小円墳があったこと[1]、言い伝えや伝説、史実などから、相当古くから聖地として村人の信仰の場であったものと思われる、とされている[2]。

荏原郡蒲田村より新宿分村に当たり、鎮守の神として、薭田神社から行基作の神体三座のうち、春日の像一体を分かち祀ったところ、霊験あらたかであったといい、その分村の時期は諸説あるものの、1600年(慶長5年)を同社の鎮座と推定し、2000年に御鎮座400年祭を行った。なお、春日の像は、明治時代の神仏分離によって別当寺であった妙安寺に移されたが、第二次世界大戦の戦災によって消失した[3]。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%B2%E7%94%B0%E5%85%AB%E5%B9%A1%E7%A5%9E%E7%A4%BE


蒲田八幡神社

薭田神社

薭田神社の御朱印もこちらでいただけます。

蒲田八幡

蒲田八幡者