小石川大神宮

小石川大神宮

東京都文京区小石川2丁目5−7 佐佐木ビルB棟

第59回式年遷宮に多大な貢献をなし、神宮崇敬者総代となった佐佐木勝造の提唱によって創建された。1966年(昭和41年)3月7日、伊勢神宮より皇大神宮特別神璽を奉戴し、鎮座祭を執り行った。この特別御神璽は、元は海外公民団の申請によってのみ授与されたもので、極めて異例のことであった。そのため、東京における伊勢神宮の遥宮(とうのみや)として位置づけられているという。

社殿へは通り沿いに建つ佐佐木ビルの1階部分にある通路を通り抜けていく形になる。このビルは、小石川大神宮の経済基盤とするべく建てられたものらしく、社務所もビル内にある。

1996年(平成8年)の社殿修復に第六十一回神宮式年遷宮の際の月讀宮の古材を使用した。本殿は南面しているが、入口は西側にあり、拝殿は西面しており、拝殿の向きと本殿の向きがあっていない。このような参拝者が拝む方向に本殿が位置しない神社は古い神社でもたまにみられることであるが、都心での用地収得が難しい中、本殿が南面することを優先した結果このような配置になったのだろう。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E5%A4%A7%E7%A5%9E%E5%AE%AE



小石川大神宮

電話したら宮司さん来てくれました。お手数おかけしました。