虎ノ門金比羅宮

虎ノ門金比羅宮

東京都港区虎ノ門1丁目2−7

当宮は万治三年(1660年)に讃岐国丸亀藩主であった京極高和が、その藩領内である象頭山に鎮座する、金刀比羅宮(本宮)の御分霊を当時藩邸があった芝・三田の地に勧請し、延宝七年(1679年)、京極高豊の代に現在の虎ノ門(江戸城の裏鬼門にあたる)に遷座致しました。爾来江戸市民の熱烈なる要請に応え、毎月十日に限り邸内を開き、参拝を許可しました。
当時は“金毘羅大権現”と称されていましたが、明治二年(1869年)、神仏分離の神祇官の沙汰により事比羅神社に、明治二十二年(1889年)には金刀比羅宮に社号を改称し現在に至ります。
ご神徳は海上守護、大漁満足は勿論のこと、五穀豊穣・殖産興業・招福除災の神として広く庶民に尊信され、東国名社の一つとして知られています。

以上、虎ノ門金比羅宮ホームページより。 http://www.kotohira.or.jp/history/history.html



虎ノ門金毘羅宮

虎ノ門金比羅宮


DSC_0209.jpg

こちらの神社、新橋ウインズに行く前によく参拝します。御利益は…皆さんもご参拝して確認してください笑