2019年02月

一宿寺

一宿寺

徳島県阿南市加茂町宿居谷5

阿南七薬師霊場の一番札所です。

一宿寺

阿南七薬師
阿南七薬師霊場の納経帳もいただけます。

加茂谷への道 (1)
今日は阿南方面へツーリング。那賀川の土手を走っているといい感じの道に出ました。

加茂谷への道 (2)
めっちゃ工事してて通れなかった。

迂回します。

一宿寺 (5)
ちょっと迷いましたが到着。

お松大権現の近くですね。

一宿寺 (4)
まあまあ住宅地の中を突っ切って山のほうに入った立地。

ちょっとわかりにくいわな。

一宿寺 (6)
手水舎(水かけ不動様)

一宿寺 (7)

一宿寺 (8)
おやすみ大師

一宿寺 (9) - コピー
ヒエッ・・・

心臓止まりかけたわ。

一宿寺 (1)

一宿寺 (2)
本堂建替えしてるらしく仮本堂でした。

一宿寺 (3)
御朱印は住職さんに対応いただきました。

なんか近くで遺跡が見つかったらしく、発表があるので人がいっぱい集まっているそう。

お松大権現の近くに車がいっぱいいたのはそれか。

帰り道
帰りは鷲敷方面を抜けていきます。

これまたいい感じの山道。

茉莉花 (1)
今日阿南に来たのは食べたいラーメンがあったからでした。

ラーメンカフェ茉莉花さんです。

茉莉花 (2)
普段は平日の昼しか営業していないのですが、今日は特別に土曜営業していると聞き訪問。

茉莉花 (4)
徳島には珍しい博多とんこつです。周年のため味玉サービスいただきました。

茉莉花 (3)
美味い!そして店長がかわいい。

次食べに来られるのはいつになろうか・・・仕事休んで来ようかな。


切幡寺

切幡寺

徳島県阿波市市場町切幡129

寺伝によれば、修行中の空海(弘法大師)が、着物がほころびた僧衣を繕うため機織の娘に継ぎ布を求めたところ、娘は織りかけの布を惜しげもなく切りさいて差し出した。これに感激した空海が娘の願いを聞くと、父母の供養のため千手観音を彫ってほしいとのことであった。そこで、その場で千手観世音菩薩像を刻んで娘を得度させ、灌頂を授けたところ、娘はたちまち即身成仏して千手観音の姿になったという。

空海はこのことを嵯峨天皇に伝えたところ、勅願によって堂宇を建立、空海の彫った千手観音を南向きに、娘が即身成仏した千手観音を北向きに安置し本尊として開基したという。山号や寺号は機織娘の故事にちなんでいる。

伝統行事の一つとして、毎年春分の日と秋分の日に、先祖の戒名などを経木に書き清水をかけて流して供養する経木流しを行なっている。 以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%87%E5%B9%A1%E5%AF%BA



切幡寺


アクセラ
ディーラーから車の点検に来いと言われたので久しぶりにアクセラちゃんに乗ります。12月以来ですね。

かわいい彼女でもいたらドライブデートにでも行くのですが、その予定についてはお察しください。

せっかくアクセラちゃんに乗るのでどこかに行こうと思って札所に来ましたが、めっちゃ道細いと言う罠。

切幡寺 (2)
読めない。

切幡寺 (3)
由来。ええ話ですやん。

切幡寺 (4)
参道、険しそう。

切幡寺 (5)
石段きつい。

切幡寺 (6)
うっそうと生い茂っていい感じです。

切幡寺 (7)
手水舎。

切幡寺 (8)
更に続く石段。

切幡寺 (9)
昇りきった。しんどい。

手水舎(二度目)。

切幡寺 (10)
太子堂

切幡寺 (11)
豊臣秀頼公が建てた塔を持ってきたそうです。すごいやん。

切幡寺 (12)
更に石段を昇って大塔へ。

下の街並みが見下ろせたのに撮影忘れた。

切幡寺 (13)

切幡寺
外国人の方とか、若い女子も参拝してた。結構人気やな遍路。

本
車の点検でヒマなのでブックオフで本購入。

疫病神シリーズと岩井俊二を同時購入。

高校2年のバレンタインデーの時期にラブレターの映画をテレビで見たが、なかなか心に来る作品ですな。

王王軒
点検も終わり、中途半端な時間に開放されたので遅めの昼食に。

王王軒をチョイス。

王王軒 (2)
強烈な獣臭がしますね。

恵方巻き
実家に顔出したらお供え物の太巻きをくれました。

今日は節分でしたね。独りで太巻きは多すぎるけど完食しました。