2019年01月

地蔵院

地蔵院

徳島県徳島市名東町1-335

平安時代初期の弘仁年間(810年 - 824年)に空海(弘法大師)が四国巡錫の折に女人の出産の安産を願い、地蔵菩薩を安置したことが始まりといわれている。

江戸時代には徳島藩の庇護を受け、藩主蜂須賀家の安産祈願所となった。現在も安産祈願の参拝者が見られる。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E8%94%B5%E9%99%A2_(%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E5%B8%82)



地蔵院

s-公太郎 (1)

髪が伸びてうっとおしくなってきたので散髪へ。

せっかく外出したので食べたいものを食べることに。公太郎へ。

s-公太郎 (3)
肉入り小からあげセット卵入りを注文。

うむ。中毒性のある味。

s-地蔵院 (1)
実家で公太郎を消化したのち、寺巡りへ。

阿波六地蔵二番札所、地蔵院に来ました。

s-地蔵院 (2)
池。

桜の時期はきれいなんでしょうね。

s-地蔵院 (3)

s-地蔵院 (4)
手水舎。

s-地蔵院 (5)
古墳がありますね。

s-地蔵院 (6)
絵馬が見えます。

s-地蔵院 (7)
お地蔵さん。

s-地蔵院 (8)
大師堂は工事中。

s-地蔵院 (9)

s-地蔵院 (10)
こちら、安産祈願で有名ですね。

現状私には縁のない話ですが。誰か嫁に来てください。

地福寺

地福寺

徳島県名西郡石井町石井字石井321番地

阿波六地蔵霊場の一つです。

地福寺

阿波六地蔵霊場奉納経
阿波六地蔵霊場の納経帳もいただきました。朱印と合わせて1,100円でした。

地福寺 (2)
年末年始は九連休を活かして北関東一人旅の予定でしたが、身内に不幸があったのでとんぼ返り。

四十九日が済むまでは神社に行けないので、供養のためにも近所のお寺を参拝することにしました。

こちらのお寺、ふじ祭りで有名なんですが、時期外れなので花は咲いておりません。

地福寺 (4)
手水舎

地福寺 (6)

地福寺 (5)
中風とぼけに効くらしい。

拝んでおく。

地福寺 (1)

地福寺 (3)
留守かと思いきや、女性の方がいらっしゃって本堂に上がらせてもらえました。

「どうぞごゆっくりと拝んでいってください!」と言われましたが、作法がわからないのでとりあえず手を合わしておきました。

こちらのお寺、地元なので昔から知っていましたが、阿波六地蔵霊場の一つというのは知りませんでした。

今年は遠方の寺社巡りばかりするのではなく、地元の霊場を主体に巡ろうかなと思いました。

カレー (1)
参拝後、近くの店でランチ。

『カレーを食べて元気になろう!』

いいキャッチコピーですね。

カレー (2)
ナンお代わり可能な本格的なカレーでした。辛さが超激辛まで選べるのもポイント高い。ひよって辛口にしたけど。

次回は辛さを増してみようかな。