2016年11月

大津神社

大津神社

大阪府泉大津市若宮町4−12

由緒
大津神社鎮座の起源は「小津の泊まり」に祀られた小祠であったといわれます。 その後鎌倉時代に八幡大神を勧請し、以来「若宮八幡宮」と称していましたが、明治四十一年に、 宇多神社、神明神社、菅原神社の 三社を合祀し、事代主神社を境内社として合併し、式内粟宮を 境内に移築した際に、「大津」の総鎮守として、「大津神社」と改称されました。

以上ホームページより。

大津神社

大津神社 (2)
最後に泉大津で大津神社に参拝します。

大津神社 (1)

大津神社 (3)

大津神社 (4)
桃尻。

大津神社 (5)

大津神社 (6)
桃尻目立ちますね。

から揚げ定食
ホントはもっとツーリングするつもりだったけど、疲れたので昼ごろに終えて帰路に着く。フェリー乗り場でから揚げ定食食べる。

フェリー内は久しぶりによく眠れました。疲れてたんですね。無事帰れてよかったです。

泉井上神社

泉井上神社

大阪府和泉市府中町6丁目2−38

由緒
当神社は井八神社・井戸ノ森八幡宮と称されることもあり、国土守護神又殖産興業の神として御神徳を示す。
神功皇后・仲哀天皇・応神天皇のほか、神功皇后にしたがって朝鮮にわたった神々四十五座を加えた計四十八座を祭神とし、その神像四十八躯を蔵す。
境内の清水は神功皇后渡韓の途次、一夜にして湧出したので霊泉と名づけられ、国名の源となる。
のち王子神社・八幡神社・菅原神社・式内社和泉神社が合祀されていまにいたっているが、特に和泉国衙内の神社であるところから和泉の総社(大鳥・穴師・聖・積川・日根の五社合祀)が勧請されて国司以下宮人の崇敬をあつめていた。
総社本殿は慶長十年(西暦1605)豊臣秀頼が建立したもので重要文化財に指定されている。

以上ホームページより。

泉井上神社

泉井上神社 (2)
こちら、和泉国の総社のようです。

泉井上神社 (1)
前面道路は狭いですが、神社は結構大きいです。

泉井上神社 (5)

泉井上神社 (3)

泉井上神社 (4)
七五三の家族連れがたくさんいました。流石総社。

泉州航空神社

泉州航空神社

大阪府泉佐野市上瓦屋392−1

由緒
兵庫県神戸市の北野天満宮の次男として生まれた佐藤匡英が新空港の守護神社創建を志し、大空の守護、航空安全、そして少年少女の夢の育成を願い、構想、準備に10年を費やした後、嗜ヶ峰(いかるがのみね・交野市)の磐船神社様より御分霊を戴き、昭和58年12月10日に鎮座祭を斎行しました。

以上ホームページより。

泉州航空神社

和泉航空神社 (1)
真横に田んぼがある好立地に鎮座。

和泉航空神社 (2)
朝の日差しが。

和泉航空神社 (4)
ヘリコプターです。流石航空神社。

和泉航空神社 (3)
御朱印をいただいた後、「お時間ありましたら、資料館見られますか?」とおっしゃられたので遠慮なく拝観することに。

航空博物館 (1)
なんか飛行機がいっぱい!

航空博物館 (2)
銃もあります。

航空博物館 (3)
全国から寄贈された品のようです。プロペラとか珍しいものがいっぱいあります。

航空博物館 (4)
ユニフォームでしょうか。

航空博物館 (5)
珍しいものを見せてもらえました。満足です。

奈加美神社

奈加美神社

大阪府泉佐野市中庄834

奈加美神社

朝のフェリー乗り場 (1)
久しぶりにフェリーでツーリングに行きます。朝5時30分。まだ暗いですね。

朝のフェリー乗り場 (2)
なんかピンボケになるけど、撮影技術のせいか設定がおかしいのか。

なかう (2)
なか卯で親子丼を食しつつ現在地を確認。今回は大阪南部を回るのですが、位置関係がよくわからない。

奈加美神社 (1)
落ち着いた雰囲気の住宅地に目的とする神社がありました。

奈加美神社 (6)
まずは泉佐野市の奈加美神社です。

奈加美神社 (2)
大阪南部というと、和泉ナンバーの車の運転の話はたまに聞きますが、心なしかタクシーの運転に勢いを感じますね。

奈加美神社 (3)

奈加美神社 (4)

奈加美神社 (5)
水巻きしている女性に御朱印対応いただきました。ありがとうございました。