更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 09

【  2013年08月  】 

漢槎宮(浮木神社)

秋田県の御朱印

2013.08.31 (Sat)

 漢槎宮(浮木神社)秋田県仙北市西木町西明寺潟尻湖に張り出す形になっている小さな神社で、流れ着いた大木の浮木(流木)を祀ったので別名を浮木神社という。また、潟尻明神とも呼ばれ、明和6年(1769年)秋田藩士で俳人で漢学者の益戸滄洲によって漢槎宮と命名された。よって田沢湖を漢槎湖または槎湖と呼ぶようになった。すぐ近くにたつ子像がある。拝殿正面の扁額は、滄洲が田沢湖を遊覧した折に船頭をした少年斉藤千太郎に書...全文を読む

PageTop▲

三峯神社

埼玉県の御朱印

2013.08.24 (Sat)

 三峯神社埼玉県秩父市三峰298-1 社伝によれば、景行天皇の時、日本武尊が東征中、碓氷峠に向かう途中に現在の三峯神社のある山に登って伊弉諾尊・伊弉册尊の国造りを偲んで創建したという。景行天皇の東国巡行の際、天皇は社地を囲む白岩山・妙法ヶ岳・雲取山の三山を賞でて「三峯宮」の社号を授けたと伝える[2]。伊豆国に流罪になった役小角が三峰山で修業をし、空海が観音像を安置したと縁起には伝えられる。三峰の地名と熊野の...全文を読む

PageTop▲

秩父神社

埼玉県の御朱印

2013.08.24 (Sat)

 秩父神社埼玉県秩父市番場町1-3 秩父神社のご創建は、平安初期の典籍『先代旧事紀-国造本紀-』によれば、第十代崇神天皇の御代に知知夫国の初代国造に任命された八意思兼命の十世の子孫である知知夫彦命が、祖神をお祀りしたことに始まるとされており、武蔵国成立以前より栄えた知知夫国の総鎮守として現在に至っています。元慶2年(878年)には神階正四位下に進み、延長5年(927年)に編算された『延喜式』にも掲載されるなど、...全文を読む

PageTop▲

三嶋大社

静岡県の御朱印

2013.08.14 (Wed)

 三嶋大社静岡県三島市大宮町2-1-5御創建の時期は不明ですが、古くより三島の地に御鎮座し、奈良・平安時代の古書にも記録が残ります。三嶋神は東海随一の神格と考えられ、平安時代中期「延喜の制」では、「名神大」に列格されました。社名・神名の「三嶋」は、地名ともなりました。中世以降、武士の崇敬、殊に伊豆に流された源頼朝は深く崇敬し、源氏再興を祈願しました。神助を得てこれが成功するや、社領神宝を寄せ益々崇敬する...全文を読む

PageTop▲

富士山本宮浅間大社

静岡県の御朱印

2013.08.14 (Wed)

 富士山本宮浅間大社静岡県富士宮市宮町1-1「富士本宮浅間社記」によれば、第7代孝霊天皇の御代、富士山が大噴火をしたため、周辺住民は離散し、荒れ果てた状態が長期に及んだとあります。第11代垂仁天皇はこれを憂い、その3年(前27)に浅間大神を山足の地に祀り山霊を鎮められました。これが当大社の起源です。その後は姫神の水徳をもって噴火が静まり、平穏な日々が送れるようになったと伝えられています。この偉大な御神徳は...全文を読む

PageTop▲

満願弁財天

神奈川県の御朱印

2013.08.14 (Wed)

 満願弁財天大稲荷神社の近くに鎮座。御朱印は社務所にて書置きをいただきました。...全文を読む

PageTop▲

大稲荷神社

神奈川県の御朱印

2013.08.14 (Wed)

 大稲荷神社神奈川県小田原市城山1丁目22−1大稲荷神社の由来伝記によれば小田原城北条時代に修験者が旧竹ノ花地区内に修験堂を建立した。武田家の臣曲淵氏が主家滅亡後徳川家に随身この地を采地として賜り、修験堂に稲荷大明神をおまつりしたことに始まり、その後天正十八年(西暦一五九〇年)初代大久保忠世公小田原城主となり、京都伏見稲荷大社の最北座田中大神を合祀し信仰ことに篤かったが、子忠隣公の時に幕府の忌諱に触...全文を読む

PageTop▲

報徳二宮神社

神奈川県の御朱印

2013.08.14 (Wed)

 報徳二宮神社神奈川県小田原市城内8−10 明治27年(1894)4月、二宮尊徳翁の教えを慕う6カ国(伊勢、三河、遠江、駿河、甲斐、相模)の報徳社の総意により、翁を御祭神として、生誕地である小田原の、小田原城二の丸小峰曲輪の一角に神社が創建されました。明治42年本殿・幣殿を新築、拝殿を改築し、神宛を拡張し現在の社地の景観をを整えました。平成6年(1994)には創建百年記念奉告祭を斎行して今日に至っています。 現在、神...全文を読む

PageTop▲

鎌倉宮

神奈川県の御朱印

2013.08.14 (Wed)

 鎌倉宮神奈川県鎌倉市二階堂154祭神である護良親王は後醍醐天皇の皇子で、父とともに鎌倉幕府を倒し建武中興を実現したが、その後、足利尊氏との対立により足利方に捕えられて東光寺に幽閉され、建武2年(1335年)の中先代の乱の混乱の中で尊氏の弟の直義の命で、家来である淵辺義博(ふちべのよしひろ)によって殺められた。武家から天皇中心の社会へ復帰させることを目的とした建武中興に尽力した親王の功を賛え、明治2年(18...全文を読む

PageTop▲

旗上弁財天社

神奈川県の御朱印

2013.08.14 (Wed)

 旗上弁財天社鶴岡八幡宮境内に鎮座。鶴岡八幡宮、三の鳥居そばの源氏池に浮かぶ島にあります。幕政を好まず皇権回復を図る後鳥羽上皇に対し、故、頼朝の妻、北条政子が当地に御家人たちを集め、旗上げしたことに始まります。(承久の乱)主祭神の弁財天は裸弁財天で、明治の神仏分離令までは本殿に安置されていました。今では国宝館に保存されています。境内の裏手に、源頼朝が北条政子の安産を祈ったと言われる政子石があります。...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年08月       翌月

Menu

プロフィール

へーぼー

Author:へーぼー
趣味:神社巡り
建武中興十五社巡りを2017年1月に完了。
諸国一の宮巡り実施中。

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
77位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR