2013年07月

天祖諏訪神社

天祖諏訪神社

東京都品川区南大井1丁目4−1

浜川町と元芝の鎮守の氏神様として仰ぎ親しまれる天祖・諏訪神社。古くは神明宮、諏訪社と称し、かつては両社とも東京湾に面し、立会川を挟んで並び祀られていました。

天祖神社の創建は、建久年間の大井郷之図や来福寺の記録から西暦1100年から1190年頃に遡るとも思われ、諏訪神社は松平土佐守の下屋敷の海岸寄りにあり、江戸時代初期の寛永8年(1631年)以前の創建と思われる。両社は昭和40年に合祀され天祖・諏訪神社と称されるようになった。

御祭神:天照大御神(あまてらすおおみかみ)
御神徳:皇室の御祖先神にて太陽の神として崇められています。

御祭神:豊受大神(とようけのおおかみ)
御神徳:天照大御神の御食事を司る神。食物神。

御祭神:建御名方刀美神(たけみなかたとみのかみ)
別神名:建御名方神(たけみなかたのかみ)
御神徳:天孫降臨に際し、高天原から派遣された建御雷神と力競べをした後、国譲りを約束した神。

御祭神:小碓命(おうすのみこと)
御神徳:日本武尊(やまとたけるのみこと)の別名。熊襲・蝦夷平定の為に活躍した。

以上、天祖諏訪神社ホームページより。 http://tensosuwa-jinja.jp/history.html



天祖諏訪神社


天祖諏訪神社

品川神社

品川神社

東京都品川区北品川三丁目7番15号

文治3年(1187年)、源頼朝が安房国の洲崎神社から、海上交通安全と、祈願成就の守護神として、安房国の洲崎明神である天比理乃咩命を勧請して祀り、品川大明神と称したのに始まる。

鎌倉時代末期の元応元年(1319年)に北条高時の臣、二階堂道蘊が「宇賀之売命(稲荷神)」を、さらに室町時代中期の文明十年(1478年)に太田道灌が「素戔嗚尊(天王神)」をそれぞれ祀った。

慶長五年(1600年)、徳川家康が関ヶ原の戦いへ出陣の祭に品川神社を参拝して戦勝祈願し、その後、祈願成就の御礼として仮面(天下一嘗の面)・神輿(葵神輿)などを奉納し、天正19年(1591年)には徳川家康から5石の社領の朱印を受け、徳川家の尊崇する特別な神社として社紋も徳川家の家紋の「丸に三つ葉葵」と定め、「御修復所(神社の建物の再建・修復などは全て江戸幕府が賄う)」として徳川家の厚い庇護を受けた。 寛永14年(1637年)に三代将軍徳川家光が東海寺を建立した際には、境内の一部がその敷地となったため代替地を賜わり、神社の位置が東海寺の鬼門に当たることから、同社の鎮守とした。

1868年(明治元年)11月8日、明治天皇が品川神社を准勅祭社と定め、東京の鎮護と万民の安泰を祈る神社の一つとした。

明治5年(1872年)、郷社に列した。また昭和50年(1975年)には、東京十社に列している。

以上ウィキペディアより。  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%93%81%E5%B7%9D%E7%A5%9E%E7%A4%BE



東京十社の一社です。

品川神社

高輪神社

高輪神社

東京都港区高輪2丁目14−18

祭神
主祭神は 宇迦御魂神(稲荷大神)、相殿に誉田別命(応神天皇)、猿田彦神 を祀る。

由緒
明応年間(1492年 - 1501年)に稲荷神社として創建された。弘化2年1月24日(1845年3月2日)の大火で類焼し石門、石大鳥居等を残し全て焼失した。昭和4年(1929年)社名を稲荷神社より高輪神社に改称した。現在の社殿は昭和55年(1980年)に造営されたものである。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E8%BC%AA%E7%A5%9E%E7%A4%BE

高輪神社

高輪神社鳥居

高輪神社本殿

蒲田八幡神社

蒲田八幡神社

東京都大田区蒲田4丁目18−18

創建は不詳であるが、同社や東京都神社庁によると、境内に小円墳があったこと[1]、言い伝えや伝説、史実などから、相当古くから聖地として村人の信仰の場であったものと思われる、とされている[2]。

荏原郡蒲田村より新宿分村に当たり、鎮守の神として、薭田神社から行基作の神体三座のうち、春日の像一体を分かち祀ったところ、霊験あらたかであったといい、その分村の時期は諸説あるものの、1600年(慶長5年)を同社の鎮座と推定し、2000年に御鎮座400年祭を行った。なお、春日の像は、明治時代の神仏分離によって別当寺であった妙安寺に移されたが、第二次世界大戦の戦災によって消失した[3]。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%B2%E7%94%B0%E5%85%AB%E5%B9%A1%E7%A5%9E%E7%A4%BE


蒲田八幡神社

薭田神社

薭田神社の御朱印もこちらでいただけます。

蒲田八幡

蒲田八幡者

白山神社

白山神社

東京都文京区白山5−31−26

天暦2年(948年)、加賀国の白山比咩神社から勧請を受けて、武蔵国豊島郡本郷元町(現在の本郷1丁目)に創建された。元和年間(1615年-1624年)に将軍徳川秀忠の命で巣鴨原(現 小石川植物園内)に移ったが、明暦元年(1655年)、その地に館林藩主徳川綱吉(後の5代将軍)の屋敷が作られることになったため、現在地に遷座した。その縁で綱吉とその母桂昌院の崇敬を受け、以降、徳川将軍家から信仰された。明治初期には准勅祭社に指定された。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E6%96%87%E4%BA%AC%E5%8C%BA)



白山神社
東京十社の一社です。

s-白山 猫

猫。

こちらの神社は、社務所で書置きの御朱印をいただきました。社務所は4時までです。

一度閉まってて泣きを見ました。みなさん参拝前にちゃんと確認しましょうね。遠隔地だと泣けますよ。

意富比神社

意富比神社

千葉県船橋市宮本5丁目2−1

景行天皇40年、皇子日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国御平定の折、当地にて平定成就と旱天に苦しんでいた住民のために天照皇大御神を祀り祈願された処、御神徳の顕現がありました。これが当宮の創始であります。
 平安時代、延長5年(927)に編纂が完成した『延喜式』にも当宮が記載されており、式内社としての歴史を知ることができます。
 後冷泉天皇の御世、天喜年間(1053〜58)には、源頼義・義家親子が当宮を修造し、近衛天皇の御世、仁平年間(1151〜54)には、船橋六郷の地に御寄付の院宣を賜り、源義朝が之を奉じて当宮を再建し、その文書には「船橋伊勢大神宮」とあります。
 鎌倉時代、日蓮聖人(1222〜82)は宗旨の興隆発展成就の断食祈願を当宮にて修め、曼荼羅本尊と剣を奉納されました。
 江戸開府の頃、徳川家康公(1546〜1616)は当宮に社領を寄進、奉行をして本殿・末社等を造営し、以来江戸時代を通して五十石の土地が幕府から寄進され幕末に至りました。
 近代に入り、明治天皇陛下(1852〜1912)には習志野・三里塚へ行幸の都度、勅使を以て幣帛料を御奉奠遊ばされました。
 往時の諸社殿の景観は、江戸時代末期の「江戸名所図会」に窺えますが明治維新の戦火のため焼失しました。
 その後、明治6年(1873)に本殿が造営されたのを初めとして、大正12年(1923)、昭和38年(1963)、同50年(1975)、60年(1985)に本殿・拝殿・末社・鳥居・玉垣・参道に至るまで随時造営がなされ、県文化財指定の灯明台の修復なども経て、今日に至っております。

以上、意富比神社ホームページより。 http://www.oohijinja.jp/history.html



意富比神社


s-船橋大神宮 鳥居 大

s-船橋大神宮 正面

s-船橋大神宮 祭り

この後、船橋のチバチャンという居酒屋へ。量が多い。。バカ盛りというサイズがあるんですが、やばすぎるので回避。みなさん是非お試しください。

小御門神社

小御門神社

千葉県成田市名古屋898

後醍醐天皇の側近の藤原師賢を祀る。師賢は元弘元年(1331年)、後醍醐天皇の身代わりに比叡山で討幕の挙兵したが(元弘の変)捕えられ、元弘2年に下総国に流されて、その3か月後に32歳で歿した。建武中興の際に太政大臣を追贈され、文貞公の諡号が与えられた。

明治10年(1877年)、住民により師賢を祀る神社の創建運動が起こった。明治12年(1879年)に神社創建の許可が下りて「小御門神社」の社号が決定し、明治15年(1882年)に師賢の墓跡に社殿を造営し、同年4月29日に鎮座祭が行われ、同年6月14日に別格官幣社に列格した。

後醍醐天皇の身代わりとなったことから「身代わりの神」として、交通安全・航空安全に御利益ありとして信仰される。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%BE%A1%E9%96%80%E7%A5%9E%E7%A4%BE



小御門神社

小御門鳥居
建武中興十五社の一社である、小御門神社です。

小御門参道
JR滑河駅より、タクシーで来ました。駅からはまあまあ遠いです。

小御門本殿遠景
建武中興十五社は、霊山とか、名和とか、菊池とか、全国に散らばってるので巡るのは難易度が高いですね。

小御門本殿 (3)
こちらの神社も、関東在住でないと、なかなか来れないのではと思います。

小御門本殿斜め

駅からタクシーで来ましたが、帰りは歩き。

遠すぎ。暑すぎ。死んでしまう。。真夏の神社巡りはよくない。。

埴生神社

埴生神社

千葉県成田市郷部994

創建の年代は不詳ですが、以前この地方は埴生郡(はぶごおり)と言われており、今から約1500年前にこの地方に集落を構え、土師器(はじき)を作って生活を営んでいた土師部(はじべ)一族が自分達の祖神、氏神と「埴山姫之命」を祀り古代祭祀を執り行ったのがはじまりとされています。神社の建っている場所も成田の町の中では自然的に一番高い所に位置し、古墳の跡に社殿が建立されております。

当神社は通称三ノ宮といわれ、その昔、物資が利根川流域より運び込まれ、栄町矢口の一ノ宮、成田市松崎の二ノ宮、そして終点の三ノ宮と順になったとされています。その名残か現在当神社の向きは真西にむいており、一ノ宮・二ノ宮の方を向いております。

歴史的に年代が出てくるのは、まず仁安3年(西暦1168年)に成田五郎頼重という埴生郡を領していた武士が鉱物を奉納したと言うことが書かれてあり、成田という文字が出てくる最初と言われております。
次に寛元2年(西暦1244年)6月、同じくこの地方を領していた埴生次郎平時常が神輿を寄進しており、この頃より神輿渡御が始まり、7月17日の例祭の神輿渡御は750年以上の歴史を誇っております。

印現代においては、成田総鎮守として、子育ての神と広く崇められ、初宮参り・安産祈願・初浅間詣・七五三詣をはじめ、家内安全・厄除祈願・商売繁盛等の諸祈願、また成田空港も近いとこから、空港関連企業や飛行機のお祓いなど、多くの方々に御参拝頂いております。

以上、埴生神社ホームページより。 http://www.habujinja.or.jp/about/



埴生神社


埴生 市 (2)

埴生神社 朝顔

縁日が夏らしくてGOOD。

埴生神社鳥居

埴生神社本殿

成田まで来ましたが成田山新勝寺は参拝せず。平将門ファンですので。

厳島神社

厳島神社

千葉市中央区 弁天3丁目1番1号

厳島神社


厳嶋 入り口

厳嶋本殿

厳嶋本殿 (3)

こちらの神社は護国神社の帰りに参拝しました。

住所の弁天=宗像三女神⇒厳島神社ということですね。地名から神社の気配を感じとらないといけませんね。

玉前神社

玉前神社

千葉県長生郡一宮町一宮3048

玉前神社


玉前鳥居

玉前鳥居 (3)

玉前本殿