更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 031234567891011121314151617181920212223242526272829302013 05

【  2013年04月  】 

神田神社

東京都の御朱印

2013.04.29 (Mon)

 神田神社東京都千代田区外神田2−16−2社伝によれば、天平2年(730年)、武蔵国豊島郡芝崎村に入植した出雲系の氏族が、大己貴命を祖神として祀ったのに始まる[2]。神田はもと伊勢神宮の御田(おみた=神田)があった土地で、神田の鎮めのために創建され、神田ノ宮と称した。承平5年(935年)に平将門の乱を起こして敗死した平将門の首が京から持ち去られて当社の近くに葬られ、将門の首塚は東国(関東地方)の平氏武将の崇敬を...全文を読む

PageTop▲

洲崎神社

千葉県の御朱印

2013.04.27 (Sat)

 洲崎神社千葉県館山市洲崎1697 神武天皇の御代、安房忌部一族の祖天富命が勅命により四国の忌部族を率いて房総半島を開拓され、忌部族の総祖神天太玉命の后神天比理乃咩命を祀ったのが当社です。平安時代の延喜式神名帳に式内大社后神天比理刀咩命神社とあり、元の名を洲ノ神(すさきのかみ)と称されていました。  鎌倉時代の治承4年(1180)石橋山の合戦に敗れ房総半島に逃れてきた源頼朝公は、先ず当社に参詣し源氏の再...全文を読む

PageTop▲

安房神社

千葉県の御朱印

2013.04.27 (Sat)

 安房神社千葉県館山市大神宮589 千葉県南部、房総半島最南端部の吾谷山(あづちやま)山麓に鎮座する神社である。伝承では、神話時代に阿波地方(現在の徳島県)から渡ってきた忌部氏(いんべうじ、斎部氏)による創建といい、「安房」の国名・社名はこの阿波忌部の移住・開拓から起こったといわれる。古代の安房国はアワビの貢進地として朝廷から重要視され、安房国の中心的神社である安房神社もまた古くより重要視された。特に、...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年04月       翌月

Menu

プロフィール

へーぼー

Author:へーぼー
趣味:神社巡り
建武中興十五社巡りを2017年1月に完了。
諸国一の宮巡り実施中。

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
77位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR