更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 04

【  2012年03月  】 

讃岐金比羅宮東京分社

東京都の御朱印

2012.03.25 (Sun)

 讃岐金比羅宮東京分社東京都文京区本郷1丁目5−11 文政2年、板橋 市左衛門の邸内祠として祀られたのにはじまり、明治13年、神社として認められ、明治21年に当宮境外末社に加えられました。明治23年には神田和泉町にあったものを、深川古石場町に移転、「深川のこんぴらさん」として親しまれていました。しかし、昭和20年、戦災にあい建造物を焼失。讃岐高松藩の邸内社として奉斎されていた水道橋金刀比羅神社と深川の...全文を読む

PageTop▲

葛飾八幡宮

千葉県の御朱印

2012.03.24 (Sat)

 葛飾八幡宮千葉県市川市八幡4丁目2−1寛平年間(889年-898年)に宇多天皇の勅命により石清水八幡宮を勧請して建立されたと伝えられている。下総の国を守護する総鎮守として崇敬されている。武神であることから平将門、源頼朝、太田道灌、徳川家康など関東武士の信仰を集めた。八幡宮近くにある八幡の藪知らず(八幡不知森=やわたしらずのもり)でも知られる。永井荷風、幸田文、幸田露伴、伊藤左千夫、宗左近、大岡信など多く...全文を読む

PageTop▲

簸川神社

東京都の御朱印

2012.03.20 (Tue)

 簸川神社東京都文京区千石2-10-10孝昭天皇3年(473年)の創建と伝えられる。源義家が祈願をしたとも伝えられる。もとは当地より南東の水源地(現小石川植物園内)に鎮座していたが、承応年間(1652年~55年)に小石川白山御殿となり、当地へ遷座した。江戸時代は氷川大明神と称し、別当・宗慶寺を有し、江戸七氷川に数えられた。明治に入ると氷川神社へ改称したが、大正時代に「氷川」は出雲国「簸川」に由来するという説から、簸...全文を読む

PageTop▲

湯島天満宮

東京都の御朱印

2012.03.20 (Tue)

 湯島天満宮東京都文京区湯島3−30−1 湯島天神は 雄略天皇二年(458)一月 勅命により創建と伝えられ、天之手力雄命を奉斎したのがはじまりで、降って正平十年(1355)二月郷民が菅公の御偉徳を慕い、文道の大祖と崇め本社に勧請しあわせて奉祀し、文明10年(1478)十月に、太田道灌これを再建し、天正十八年(1590)徳川家康公が江戸城に入るに及び、特に当社を崇敬すること篤く、翌十九年十一月豊島郡湯島郷に朱印地を寄進し、もっ...全文を読む

PageTop▲

小石川大神宮

東京都の御朱印

2012.03.20 (Tue)

 小石川大神宮東京都文京区小石川2丁目5−7 佐佐木ビルB棟第59回式年遷宮に多大な貢献をなし、神宮崇敬者総代となった佐佐木勝造の提唱によって創建された。1966年(昭和41年)3月7日、伊勢神宮より皇大神宮特別神璽を奉戴し、鎮座祭を執り行った。この特別御神璽は、元は海外公民団の申請によってのみ授与されたもので、極めて異例のことであった。そのため、東京における伊勢神宮の遥宮(とうのみや)として位置づけられている...全文を読む

PageTop▲

桜木神社

東京都の御朱印

2012.03.20 (Tue)

 桜木神社東京都文京区本郷4丁目3−1 社伝によれば、文明年間(1469年~1487年)太田道灌が江戸城内に創建したのが始まりとされ、その後湯島に移され、元禄4年(1691年)現在地に移転した。以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E6%9C%A8%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E6%96%87%E4%BA%AC%E5%8C%BA)本郷で先輩とハンバーガーを食べに集合。混んでますね。なかなかのボリューム。おなかいっぱいに。道中で神...全文を読む

PageTop▲

根津神社

東京都の御朱印

2012.03.20 (Tue)

 根津神社東京都文京区根津1丁目28−9日本武尊が1900年近く前に創祀したと伝える古社で、東京十社の一社に数えられている。境内はツツジの名所として知られ、森鴎外や夏目漱石といった日本を代表する文豪が近辺に住居を構えていたこともあり、これらの文豪に因んだ旧跡も残されている。現在の社殿は宝永3年(1706年)の創建である。宝永2年(1705年)江戸幕府第5代将軍徳川綱吉の養嗣子に家宣(第6代将軍)が入ったため、元の屋...全文を読む

PageTop▲

篠崎浅間神社

東京都の御朱印

2012.03.18 (Sun)

 篠崎浅間神社東京都江戸川区上篠崎1丁目22−31当社は天慶元年(938)5月15日に創建された江戸川区内でもっとも古い神社である。承平2年(932)に下総国弥山からこの地に移住してきた弥山左那比神人(ややまさなひしんと)が初代宮司として仕えた。 天慶3年(940)、平将門が関東において威をとなえると、平貞盛が乱を鎮めるために派遣された。貞盛は将門が降伏するように祈願し、当社に霧島神社を祀り、金幣(きんぺい)と弓矢...全文を読む

PageTop▲

氷川神社

東京都の御朱印

2012.03.04 (Sun)

 氷川神社東京都練馬区氷川台4丁目47−3 1457年(長禄元年)の創建という。渋川義鏡が古河公方の足利成氏との戦の途上、下練馬で石神井川を渡ろうとした時、淀みに泉を発見し、武運長久を祈ったのに始まるという。もとは、「お浜井戸」(桜台6-32)に鎮座していたが、1477年(文明9年)江古田原の戦いのために焼失。江戸時代の延享年間(1744年 - 1748年)に現在地に移転・再建された。以上ウィキペディアより。 https://ja.wik...全文を読む

PageTop▲

江古田浅間神社

東京都の御朱印

2012.03.04 (Sun)

 江古田浅間神社練馬区小竹町1-59-2木花佐久夜姫命を祀る富士信仰の神社である。創立年代は社伝によると承平元年(931年)からとされるが、歴史学的には不詳。『新編武蔵風土記稿』によると「富士浅間社」とされ、別当寺は真言宗豊山派能満寺(旭丘)。境内の歌碑に「果てもなきこの武蔵野の茅原に富士ばかりこそ山は見えけれ」とあり[1]、一名茅原浅間神社(かやはらせんげんじんじゃ)とも呼ばれた。昔、小竹町と江古田町の人々が...全文を読む

PageTop▲

前月     2012年03月       翌月

Menu

プロフィール

へーぼー

Author:へーぼー
趣味:神社巡り
建武中興十五社巡りを2017年1月に完了。
諸国一の宮巡り実施中。

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
77位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR