九州の御朱印

八幡朝見神社

八幡朝見神社

大分県別府市朝見二丁目15-19

建久7年(1196年)、大友能直が豊前・豊後の守護となり、入国の際に鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請した。能直は領内に「七社の制」を定め、七社の八幡宮(豊後八幡七社)を創建または再建した。当社はそのときに創建されたものと伝えられ、以降大友家の崇敬を受けた。創建の際、神輿の供をして着任した鶴岡八幡宮の神職、福田土佐守源高政が当社の神主となり、以降高政の子孫が奉職し、姓を福田から神(こう)に改めて現在に至る。当初は龍ヶ岡(現在の乙原)に社地があったが、鶴見山の噴火により社地が崩壊したため、正平3年(貞和4年、1348年)に現在地に遷座した。

古代より速見の地に温泉があることは広く知られており、『豊後国風土記』や『万葉集』、『伊予国風土記』逸文などに温泉に関する記述が見られ「朝見」も「熱海」が変化したものともいわれる。速見郡朝見郷の浜脇は大友氏が最初に九州に上陸した地とされており、大友頼泰が日名子太郎左衛門尉清元を温泉奉行とし、朝見川、永石川、流川沿いなどに湧出する温泉が整備されていたが、江戸時代には八幡朝見神社は別府の総鎮守となり門前町の浜脇温泉、そして別府温泉も温泉番付の上位に名を連ねるほどに栄えた。第二次大戦後、別府温泉の鎮守神である温泉神社を合祀した。現在でも4月に行われる別府八湯温泉まつりの中心となっている。  
以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%B9%A1%E6%9C%9D%E8%A6%8B%E7%A5%9E%E7%A4%BE



八幡朝見神社

温泉神社
温泉神社の御朱印もいただけます。

八幡朝見 御朱印帳
オリジナル御朱印帳あります。

木製のもの等、複数ありましたが着物モチーフでかわいかったこちらをいただきました。

レクサス
地元の友達と温泉旅行に行きます。

レクサスで愛媛を目指す。いかついなあ。

大福
石鎚山サービスエリアで大福を食す。美味い。

伊方の道
伊予インターで下道へ。

海沿いの道をひた走る。

伊方の海
伊方の海。天気いいなあ。太陽が高く感じる。

しらすパーク (1)
ランチに向かう。

しらすパーク (2)
新鮮しらす

しらす食堂
佐田岬の鬼 しらす食堂

しらす定食
しらす定食。美味い。

私は運転しないのでビールを飲む。美味い。

キャッチボール (1)
フェリーまで時間があるので、200円でボールを借りてキャッチボール。

キャッチボール (2)
エラー。

ソフトクリーム
運動すると暑い。オレンジソフトクリームを食す。

フェリー
国道九四フェリーで海を渡る。

70分で九州に着くってすごいよね。

大黒屋
本日のお宿。

大黒屋 (1)
湯煙りが。

大黒屋 (2)
別館に泊まります。

宿の部屋 (1)
畳の部屋。

宿の部屋 (2)
緊縛される男。

地獄蒸し
地獄蒸し。これに食べ物を入れて寝かすと調理できるらしい。

東洋軒 (1)
晩御飯は東洋軒へ。

中華っぽいテーブル!

東洋軒 (2)
開店テーブルにテンションが上がる。

料理も美味でした。

湯煙
翌朝。雨の中入浴しに行く。

鉄輪蒸し湯 (1)
宿の人に勧められた鉄輪蒸し湯へ。草の上で蒸されるそうな。

鉄輪蒸し湯 (2)
一遍上人!

蒸し湯、激せまのサウナみたいでした。デトックス効果はあるような気がする。

オムライス
昼食はレストラン三つ星にて。オムライス美味い。

八幡朝見 (1)
友人に無理を言って神社に立ち寄る。

あいにくの雨やなあ。

八幡朝見 (2)
手水舎。

八幡朝見 (3)
石段。

八幡朝見 (4)
手水舎。

八幡朝見 (6)

八幡朝見 (5)
われわれの後から女子大生っぽい集団が雨の中参拝にきてました。御朱印帳もかわいいし、女子人気高い神社なのか。

この後レクサスにすし詰めになって帰りました。めちゃくちゃ疲れた。セダンに5人はきついわ。

天手長男神社

天手長男神社

長崎県壱岐市郷ノ浦町田中触730

壱岐国一宮です。

天手長男神社

天手長男神社 (2)
天気が悪くなってきましたが到着。今回のたびの最後の神社です。

天手長男神社 (1)
こちらの神社が最後になったのは、事前にアポ取りして時間を設定していただいたからです。

不在が多いから、事前連絡をしたというわけです。

天手長男神社 (3)
その結果無事に御朱印をいただくことができました。

天手長男神社 (4)
私以外にも数名参拝者がいました。1人は一宮朱印帳をもっていたので、私と同じ目的の人でしょう。お疲れ様です。

壱岐港のごはん
まだ時間はありますが、雨が降ってきたのでフェリー乗り場に避難。晩ごはんを早めに食べます。博多港に着いたら20時ですからね。

壱岐の帰りのフェリー (1)
どんどん暗くなってきました。雨も降ってます。

帰りの船が来ました。

壱岐の帰りのフェリー (4)
この後、博多港からひたすら土砂降りの中、別府まで走りました。別府港ついたら日付変わってました。

この季節に雨の中4時間以上バイクは危険と学びました。凍えて体が動きません。

次の日もひたすら雨で、八幡浜から6時間ほどかけて家に帰りました。

バイクから降りたら体がぶるぶる震えてまともに歩けませんでした。湯船に浸かってなんとか復活しました。

この旅が終わってから無性に温泉に入りたいのは、凍えた後遺症でしょうか。

壱岐神社

壱岐神社

長崎県壱岐市芦辺町瀬戸浦

壱岐神社
書置きをいただきました。

壱岐神社 (1)
岬の端っこみたいなところに鳥居が見えたので到着。

てか、手前に大きなイオンがあったことにおどろいた。イオンって壱岐にまで出店してるんか。

壱岐神社 (2)
護国神社も兼ねてるんですね。

壱岐神社 (3)
中原喜三郎さんの像。

壱岐神社 (4)

壱岐神社 (5)
小弐資時さんの名前がありますね。19歳で戦死されたそうです。それで祀られているんですね。

壱岐神社 (6)
護国神社を兼ねている理由がなんとなくわかるような気がしました。

国片主神社

国片主神社

長崎県壱岐市芦辺町国分本村触1369

国片主神社 (2)
書置きをいただきました。

国片主神社 (1)
聖母宮で教えてもらった神社に来ました。

国片主神社 (2)

国片主神社 (3)

国片主神社 (6)
まわしてみました。

国片主神社 (7)
なでてみました。

国片主神社 (4)

国片主神社 (5)
次は港のほうに戻ります。

聖母宮

聖母宮

長崎県壱岐市勝本町勝本浦554

聖母宮

対馬 (1)
対馬を朝早くの船で出ます。さよなら対馬。フェリーがすでに待っております。

壱岐の昼ごはん (1)
壱岐に上陸。壱岐の滞在時間は長めなので散策する時間もあります。まずはごはんを食べよう。

壱岐の昼ごはん (2)
福本漫画を読んで休憩。

壱岐の昼ごはん (3)
壱岐牛の定食を食べます。今回の旅は駆け足なので、地元の食べ物を食べるのが少ないので貴重な時間です。

聖母宮 (2)
まずは北方に進み、聖母宮へ。壱岐はそんなに広くないのですぐつきました。

聖母宮 (1)

聖母宮 (3)

聖母宮 (4)
手水舎がシャコガイ・・・!

聖母宮 (5)

聖母宮 (6)
社務所の女性の方が本殿の中も見せてくれるとおっしゃられたので、あがらせてもらうことに。

聖母宮 (8)

聖母宮 (7)
中の写真を撮らせていただくのは珍しいですね。ありがとうございました。

御朱印をお書きいただく間、しばし雑談。社務所の女性、御朱印をもらっている人の気持ちを知るために自分ももらい始めたとおっしゃっていました。おもしろい発想だとおもいました。

壱岐の神社の情報も教えていただきました。この旅の間、あまり人と話す機会がなかったので話ができて元気になりました。お世話になりました。