広島県の御朱印

吉備津神社

吉備津神社

広島県福山市新市町宮内400

吉備津神社(きびつじんじゃ)は、広島県福山市にある神社。備後国一宮。旧社格は国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。
通称として一宮さん(いっきゅうさん)とも呼ばれる。
福山市北西部、府中市との境に鎮座する。近くの府中市は備後国の国府のあった地とされるように、周辺は備後国の中心地であった。
備後国分立以前の吉備国を治めたとされる大吉備津彦命を主祭神に祀り、命の関係一族を配祀する。
江戸時代に造営された本殿は国の重要文化財に指定されており、他数棟が広島県・福山市の文化財に指定されている。また、重要文化財に指定されている狛犬・太刀数点が伝えられている。
古来は「吉備津彦神社」とも称していたが、現在は備中一宮と同じく「吉備津神社」を正式名としている(備前一宮のみ吉備津彦神社を名乗る)。

以上ウィキペディアより。

吉備津神社

弁天社 (2)
走っていると大きい池と看板が。

弁天社 (1)

弁天社 (3)

弁天社 (4)
池がめっちゃでかいんですけど。吉備津神社よりこっちのが目立つやろ。

吉備津神社 (1)

吉備津神社 (2)

吉備津神社 (3)
桃太郎が見えますね。

吉備津神社 (4)

吉備津神社 (5)

吉備津神社 (8)
摂社。

吉備津神社 (7)

吉備津神社 (6)
御朱印を戴くときに神社の人と少し話をする。

「ここから出雲も結構近いんですよ。」

「そうなんですか。でも今日はもう帰ります。島根は出雲大社もあるし、隠岐にも行きたいんで、またの機会にします。」

「隠岐はいいですよ!ただ、出雲大社のついでに寄るのは無理ですよ。隠岐のためだけに行くつもりで行かなきゃ。」

「わかりました。ありがとうございました(四連休ぐらいないと隠岐には行けなさそうやな…)。」

離島への参拝の困難さを痛感しながら帰路につく。暑すぎてこれ以上神社巡りは無理や。

あづま食堂 (2)
尾道ラーメン食べようかと思ったけど、しまなみ海道についてしまったので断念。道中見つけた定食屋に立ち寄る。

あづま食堂 (1)
から揚げ定食美味し!しまなみ海道はチャリダーもいっぱいいて楽しいですね。チャリダーの人たち暑くないのか?原付で移動するだけでも暑いんですけど。

素盞嗚神社

素盞嗚神社

広島県福山市新市町大字戸手1-1

素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)は、広島県福山市新市町大字戸手にある神社。式内社で、備後国一宮を称する。旧社格は県社。

社伝によれば天武天皇の治世であった7世紀ごろ(679年か)に創建したとされる。その後、遣唐使であった吉備真備が唐から帰国した後の天平6年 (734年)に備後から素盞嗚命を播磨の広峯神社に勧請したとされる。
『釈日本紀』巻7(卜部兼方、鎌倉時代中期)に引用された『備後国風土記』逸文(奈良時代か)の「蘇民将来」説話に「疫隈國社(エノクマノクニツヤシロ)」とあるのが当社とされるが、本来は摂社である「蘇民神社・疱瘡神社」であるとする説もある。『延喜式神名帳』には「備後國深津郡一座 須佐能袁能神社」と記載されている。
後に神仏習合によって仏教系の神である牛頭天王を祭神とするようになり、「早苗山天竜院天王寺」という真言系の別当寺が作られた。本堂である本地堂(現 天満宮)には本尊本地仏として聖観世音菩薩が祀られた。一般に牛頭天王の本地仏は薬師如来であるが、当社の観音祭祀の理由は不明である。また脇侍に不動明王と毘沙門天が祀られた。「江熊(エノクマ)祇園牛頭天王社」が正式な社名であるが、天王社、祇園社などとも呼ばれるようになった。
明治の神仏分離により、神社の道を選んだ当社の別当僧は還俗して神官となり、祭神は本来の素盞嗚尊に改め、現在の社名に改称した。

以上ウィキペディアより。

素戔嗚神社

素戔嗚神社 (1)
着きました素戔嗚神社。途中で対向困難な道ですれ違っておじいさんのマークⅡが脱輪したのを救助してから到着。細い路地って嫌ですよね。原付の利便性は狭路を気にしなくていいところですね。

素戔嗚神社 (2)

素戔嗚神社 (3)

素戔嗚神社 (4)

素戔嗚神社 (7)

素戔嗚神社 (6)

素戔嗚神社 (5)
この近くにもう一社の備後国一宮があるので向かいます。

艮神社

艮神社

広島県福山市北吉津町1丁目5番24号

艮神社

艮神社 (1)
福山八幡宮からスグのところにあります。参拝しやすくてありがたいですね。

うしとらって読めないんですけど。

艮神社 (2)

艮神社 (3)

艮神社 (4)

艮神社 (5)

艮神社 (6)

艮神社 (7)
暑さに気を付けてと神社の方に言われました。おっしゃる通りです。

福山八幡宮

福山八幡宮

広島県福山市北吉津町1-2-16

福山八幡宮(ふくやまはちまんぐう)は、広島県福山市北吉津町にある八幡宮である。福山城の北側にある松廼尾山に祀られている。
福山八幡宮は2つの社で構成されている。多くの場合、神社を並列して祀る場合、どちらかの本殿へ合祀することが一般的であるが、本宮は本殿、拝殿、随身門、石段、両部鳥居、参道、総門等それぞれが同一規模、同一形式で東西に並べて建てられており、全国に類例の少ない形式である。かつては、東御宮は延広(のぶひろ)八幡宮、西御宮は野上(のがみ)八幡宮と呼ばれ別法人として祀られていたが、1969年に両者の法人格を合併し「福山八幡宮」となった。備後福山の総鎮守とされ、境内には結婚式などを行う福山八幡宮会館のほか水野勝成を祀る聡敏神社や稲荷神社など多くの社も祭られている。
1951年広島国体では境内で柔道が行われた。
本宮は25年を式年としており、平成21年(2009年)三月三日に、御鎮座三百二十五年奉祝大祭を行う。

以上ウィキペディアより。

福山八幡宮

ここも福山城からスグの位置にあります。

福山八幡宮 (2)
境内広いですね。なかなかの規模。

福山八幡宮 (3)
似たような入り口が二つ。ウィキペディアに理由が書かれていて、なるほどと思いました。

福山八幡宮 (4)

福山八幡宮 (5)
同じ形で東西に並べて建っています。

福山八幡宮 (7)

福山八幡宮 (6)
関係ないけど御朱印いただくときの社務所からの冷気が羨ましいんですけど。外暑すぎるでしかし。

三蔵稲荷神社

三蔵稲荷神社

広島県福山市丸之内1-8-7

三蔵稲荷神社(さんぞういなりじんじゃ)とは広島県福山市丸之内の福山城北側にある稲荷神社である。

境内には本殿、社務所のほか能舞台がある。福山市民の間での認知度が高く、また毎年ミス三蔵稲荷を選ぶコンテストが行われることでも有名である。 祭神は宇賀魂大神・猿田彦大神・大宮女大神。

以上ウィキペディアより。

三蔵稲荷
護国神社から至近。くっそ暑い。

三蔵稲荷神社 (2)

三蔵稲荷神社 (1)

三蔵稲荷神社 (3)

三蔵稲荷神社 (4)

三蔵稲荷神社 (5)

三蔵稲荷神社 (6)
御朱印の対応をしていただいた方と少し話をする。彼は神社の生まれではないが、神道の大学を出て神社で働いているとのこと。

社家が代々世襲する神社もあるが、そうでないところは神社本庁からの任命制なので、社家の生まれではなくても宮司になったりするとか。

神社の世界も複雑ぜよ…。