群馬県の御朱印

一之宮貫前神社

一之宮貫前神社

群馬県富岡市一ノ宮1535
群馬県南西部、鏑川左岸の河岸段丘上に鎮座し、信州街道に面する。当社は物部氏が祖神を祀ったことに始まり、古代には朝廷から、中世以降は武家からも崇敬された。

境内は正面参道からいったん石段を上がり、総門を潜ったところから石段を下ると社殿があるという、いわゆる「下り宮」と呼ばれる配置となっている。社殿は江戸時代に第3代将軍徳川家光・第5代綱吉により整えられ、本殿・拝殿・楼門等が重要文化財に指定されている。また、鹿占習俗(国選択・県指定無形民俗文化財)を始めとした多くの特殊神事を行っている。

貫先

遠いねえグンマー

s-IMGP0966.jpg

s-IMGP0970.jpg

s-IMGP0971.jpg

s-IMGP0973.jpg

s-IMGP0974.jpg

参道が下りという珍しい形。

s-IMGP0975.jpg

s-IMGP0979.jpg